【速報】令和3(2021)年度教員採用試験合格者(養護教諭)その1

2021年3月卒業予定の健康科学科4年生の養護教諭合格者速報をお知らせします。
(この内容のPDFファイルはこちら)

養護教諭の正式採用は、年々募集人数が減少し狭き門となっている都道府県・市もある中、健康科学科では、学科創設以来、コンスタントに全国で合格者を輩出しています。卒業生も合わせた数については、今後随時お知らせします。

令和3(2021)年3月卒業予定者(4年生)の結果速報!!

令和3(2021)年度教員採用試験においては、1次合格者はのべ15名(うち辞退者1名)で、最終3名が合格いたしました。合格した自治体は、大阪市、高知県、沖縄県で、特に、沖縄県は、現役で初めて合格者を出しました。

過去10年の養護教諭の現役合格者数

大学HPや学科HPでは、これまでの採用試験の結果や合格した卒業生からのメッセージを紹介しています。

大学HP https://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/directlink/goukaku.html

学科HP https://kenkou-kagaku.net/msgfromgraduate/

令和2(2020)年度教員採用試験合格者(養護教諭)について

令和2(2020)年度教員採用試験(養護教諭)では、のべ24名(4年生と卒業生の合計)が合格しました(卒業生は令和2年3月1日現在判明分です)。

養護教諭の正式採用は、都道府県・市によっては、10倍を超える倍率のところもあり、狭き門となっています。
健康科学科では、採用試験対策委員会を中心に、在学生・卒業生にサポートを行っており、毎年、コンスタントに、全国各地に教員採用試験合格者を輩出しています。
今年度も近畿圏を中心に、北海道、四国地方で合格しました。健康科学科出身で、正式採用の養護教諭は今や370名を越え、実習先の養護教諭が先輩だった、自治体の研修で挨拶したら先輩だった、というケースも増えてきています。

令和2(2020)年度 教員採用試験(養護教諭) 合格者数
のべ24名
*卒業生は令和2年3月1日現在判明分です
健康科学科合格者数
(4年生と卒業生)
最終合格者数 最終倍率
大阪府 3 25人 16.2倍
大阪市 3 32人 6.9倍(小中高)
神戸市 1 16人 8.1倍
和歌山県 3 15人 6.1倍
京都府 4 20人 3.6倍
三重県 1 20人 9.7倍(H31実績)
高知県 4 20人 8.0倍
愛媛県 2 32人 3.0倍(H31実績)
東京都 1 80人 11.1倍
北海道 2 156人 1.35倍(H31実績)
合計 24

※東京都と神戸市は任期付きの採用

合格者の声はこちらから確認できます。今年度の現役合格者は14期生です。
https://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/directlink/goukaku.html

健康科学科では、「こころのケアに強い養護教諭」、「働く人の健康を守ることの出来る人材」を養成しており、養護教諭第一種免許状のみならず、第一種衛生管理者(国家資格)、公認心理師(国家資格)や健康心理士(認定資格)、准学校心理士(認定資格)など、複数の資格取得も可能なカリキュラムを用意しております。

健康科学科の学びはこちら。
https://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/faculty/health/index.html

現役(2020年3月卒業予定者)の合格者についてはこちらをご覧下さい。
https://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/topics/2019/d19230.html

 

平成31(2019)年度養護教諭 正式採用合格者について(3/8更新)

平成31(2019)年度教員採用試験(養護教諭)では、あわせて33名(のべ人数)が合格しました。

養護教諭の正式採用は、都道府県・市によっては年々募集人数が減少し、狭き門となっています。

健康科学科では、「養護教諭採用試験対策委員会」を中心として教員採用試験合格を目指す在学生・卒業生にサポートを行っています。

また、養護教諭を目指す学生の皆さんによる自主的な勉強サークルで、同じ夢を持った学生が切磋琢磨して採用試験対策に励んでおり、毎年コンスタントに全国各地に教員採用試験合格者を輩出しています。

その数は350名を越え、養護実習先の養護教諭が先輩だった、自治体の新任研修で挨拶した隣の人が先輩だった、というケースも増えてきています。

今年度は、近畿圏を中心に、北は北海道から、南は沖縄県まで合格者が出ました。

平成31(2019)年度教員採用試験(養護教諭)合格者数
のべ33名(4年生8名、卒業生25名)
*最終合格者数及び最終倍率は各教育委員会公表値
本学4年生 本学卒業生 最終合格者数* 最終倍率*
大阪府 4 25人 16.4倍
大阪市 5 6 50人 5.4倍(小中高)
東大阪市 1 1人(+補欠2人) 10.0倍(3.0倍)
(*H30実績)
京都府 1 14人 5.9倍
兵庫県 1 30人 10.8倍
神戸市 1 23人 5.7倍
奈良県 2 10人 10.9倍
和歌山県 1 1 18人 4.7倍
愛知県 1 41人(小中)

11人(県立学校)

8.8倍

8.5倍

三重県 1 20人 9.7倍
福井県 1 19人 2.7倍
鳥取県 1 13人 4.2倍
福岡県 1 32人 7.8倍
沖縄県 2 12人 16.2倍
千葉県 1 41人 8.1倍
東京都 1 115人 6.3倍
北海道 1 156人 2.0倍(*H30実績)
合計 8 25

☆データを更新しました(3/8)

合格者の声はこちら。
https://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/directlink/goukaku.html

健康科学科では、「こころのケアに強い養護教諭」、「働く人の健康を守ることの出来る人材」を養成しており、養護教諭第一種免許状のみならず、第一種衛生管理者(国家資格)、公認心理師(国家資格)や健康心理士(認定資格)など、複数の資格取得も可能なカリキュラムを用意しております。

健康科学科の学びはこちら。
https://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/faculty/health/index.html

2019年度養護教諭正式採用合格者速報! その1

10月19日(金)、大阪府・市の教員採用試験合格者の発表がありました。健康科学科4年生(2019年3月卒業予定者)の養護教諭の合格者速報をお知らせします。 平成31(2019)年度採用試験においては、1次合格者はのべ20名(辞退者3名)で、最終8名が合格いたしました。
都道府県・市 1次合格者 (辞退者) 最終合格者
大阪市 10   5
堺市 2   0
豊能地区 1   0
兵庫県 1   1
和歌山県 1   1
高知県 3 2 0
鳥取県 1 1 0
北海道 1   1
20 3 8
養護教諭の正式採用は、年々募集人数が減少し狭き門となっている都道府県・市もある中、健康科学科では、学科創設以来、コンスタントに合格者を輩出しています。 卒業生も合わせた数については、随時お知らせします。

平成30年度 教員採用試験結果(養護教諭等・公立)

平成30年度 教員採用試験(養護教諭等)の結果が出ました。
今年度も健康科学科の4年生・卒業生がそれぞれの努力を実らせ、あわせて33名が合格できました。
本学(健康科学科)では、「養護教諭採用試験対策委員会」を中心として、教員採用試験合格を目指す在学生・卒業生にサポートを行うとともに、養護教諭をめざす学生のみなさんによる自主的な勉強サークルで、同じ夢をもった学生が切磋琢磨して採用試験対策に励んでおり、毎年、全国各地に教員採用試験合格者を輩出し、その数は320名を超えました。

結果速報 平成30年度教員採用試験(養護教諭等)

合格者数

33名(4年生19名、卒業生14名)※平成30年2月2日現在の合格者数

平成30年度 教員採用試験(養護教諭)合格者数
現役(4年生)合格者数 19名 (実人数15名)
卒業生合格者数 14名 (実人数14名)
合計 33名 (実人数29名)

合格者の内訳(人数)

【4年生】東京都(4うち任期付3)、大阪市(4)、和歌山県(2)、三重県(2)、兵庫県(1)、堺市(1)、京都市(特別支援1)、広島県(1)、高知県(1)、鹿児島県(1)、北海道(1)

【卒業生】 大阪府(4)、大阪市(3うち幼稚園1)、和歌山県(2)、東京都(2)、奈良県(1)、神戸市(1)、香川県(1)

合格者の状況(平成30年度)

合格者のうち、本学出身者が以下の通り含まれています。
大阪市小・中・高20名中、本学出身者6名(30%)
和歌山県24名中、本学出身者4名(17%)