令和2年度 養護教諭会&ホームカミングデーを開催します

令和2年度の養護教諭会&ホームカミングデーを開催します。


日時:令和3年2月27日(土)(受付開始13:00)

開催時間 第1部 講演会 13:30~14:30

      第2部 交流会  14:40~15:30  

会場:関西福祉科学大学 大学2号館201大講義室 オンラインでも同時開催

オンライン参加の方法は、申込頂いた方に後日メールにてご案内致します。感染症対策の観点から、来学して参加頂ける人数を制限させて頂きます。


内容:

講演「疲労とストレスの科学」(倉恒弘彦 先生、関西福祉科学大学名誉教授)

新任教員によるミニレクチャー「キューマスクの使い方と養護教諭」、

「人とのコミュニケーションの取り方」、卒業生の活動報告、学科の活動報告など


参加申込方法等詳細については、案内ハガキやメール(メール配信希望者のみに配信)をご覧ください。

一昨年の様子はこちらをご覧ください(以下の写真は一昨年の様子です)

皆さまのご参加をお待ちしています!

12/12オープンキャンパスレポート

参加者にはまず「手洗い実験」をしてもらいました。これは、普段の手洗いだとどれくらい汚れが残ってしまうのかを体験してもらうもので、特にどの箇所の汚れが落ちていないかといった自分の手洗いの足りない箇所も知ってもらいました。その上で、汚れた手で握ったおにぎりときれいな手で握ったおにぎりの劣化の違いについての動画を見てもらい、手洗いの重要さを確認してもらいました。

続いて、学科紹介では学科の学びの特徴や主な進路、今年度の教員採用試験の結果等について説明しました。

今回のミニ講義は、松中久美子先生による「“視覚障がい”とは~いろいろな見え方を体験しよう~」でした。視覚障がいの方の視覚に伴う日常生活に伴うストレスや困難に関するミニクイズとその解説を行いながら、弱視の体験を行いました。

弱視の体験は、視覚障がいは視力と視野の2側面を基準とするということから、視野が狭い眼鏡、視野の中心が見えないメガネ、視力の程度が非常に低くなる眼鏡を作成し、それらをかけた状態でものを見るというものでした。視覚障がいの方がどのようなものの見え方をしているかを知ることは、今後養護教諭としてだけではなく、社会における様々な場面でも活きるものになると思います。

 

在学生の話では、在学生3人からインターンシップ実習、看護臨床実習、養護実習についての話がありました。それぞれ、実習でどのようなことを行ったか、どのような経験をしたか、実習を通してどのようなことを学んだか、どのような力が身についたかについて語ってくれました。

卒業生の話では、10月に行ったオープンキャンパスでの卒業生の話を録画したものを流しました。養護教諭における仕事において、生徒との関わりだけでなく他の教員との情報共有や連携が大切であるということや、今年のコロナ禍における養護教諭の活動について語ってくれました。

次回のオープンキャンパスは3月21日(日)です。

皆さまのお越しを教職員一同、お待ちしております。

11月21日(土)養護実習報告会を開催しました

11月21日(土)養護実習報告会を開催しました

今年度も8月~11月の15日間、健康科学科の3、4年生合わせて48名が小・中・高等学校で養護実習を行いました。その成果を、実習に行った3、4年生と来年度実習予定の2年生に向けて発表しました。

発表者の5名は、実習前に立てた目標を達成するために、具体的な手立てに沿って、学んだこと、経験したことを堂々と話しました。実習校の温かい環境の中、保健指導、児童生徒への対応など、いろいろなことにチャレンジすることができ、今後、卒業するまでに行うべき課題も明確になった様子でした。

コロナ禍の中、養護実習をお引き受けくださり、ご指導していただきました校長先生、養護教諭の先生、実習に関わってくださいました全ての先生方、本当にありがとうございました。

養護教諭になりたい!夢に向かって努力したい!とキラキラした輝きを増した学生の姿をご覧ください。


発表を聞いた2年生の感想

・実際に養護実習を終えた先輩の話を聞くと、養護実習がどのようなものなのか具体的に考えることができた。充実した実習にするためには、大目標や小目標を細かく設定したり、それに対する評価を具体的につけていたりすることが大事だと感じた。

 

・実際に実習に行った3年生の話を聞いて、それぞれの学生が事前に設定した目標以上のものを学ぶことができていてすごいと思った。特に保健指導については、養護教諭以外に担任教師など多くの先生に事前に指導をしていただいていたりと、多くの準備があって実施できるものであることがわかった。

 

・実習期間中はすごく忙しく大変であるけれど、実習中の内容や自分自身の目標、何をするのかによってたくさん学ぶことができ、今回の発表をされた先輩方は、自分にとってプラスになることを得ることができたんだなとすごく伝わってきた。

12/12(土)オープンキャンパス開催!

健康科学科コーナーに是非お越し下さい!
皆さまのお越しを教職員・学生スタッフ一同でお待ちしています。

健康科学科でのスケジュール

10:00頃 手洗い実験・動画視聴
10:05頃 ご挨拶
10:10頃 学科紹介
10:40頃 ミニ講義:松中久美子教授
「”視覚障がい”とは~いろいろな見え方体験」
※ミニ講義終了後、受験生の方に、受講証を発行いたします。
11:20頃 在学生の話「学生生活あれこれ」
11:30頃 ミニ保健室見学、個別相談
12:00頃 終了
※完全予約制ですので、大学ホームページからお申し込みください。

★Webオープンキャンパス(12/11金-12/14月)も実施しています!
学科の教員による動画でのミニ講義もありますので、来学が難しい方はWebでご参加下さい。
https://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/nyushi/topics/d20133.html
★大学全体のイベント、大学へのアクセスなどの情報はコチラです。
http://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/nyushi/opencampus/index.html

看護技術Ⅱで専門的な勉強をしています

養護看護実習室で2年生は専門的な勉強をしています。

今週は、消毒法の実習をしました。慣れないピンセットを両手に持ち,アルコール綿を薄く裂いていきます。その横ではシンメルブッシュ式消毒法で歯科検診の器具をグツグツ消毒しています。

養護教諭になる勉強をいている!と実感する授業です。