卒業生インタビュー「先輩、教えてください!」連載

健康科学科を卒業し、多方面で活躍する先輩に、在学生や教職員がインタビューします。

今回お話を伺う先輩は、京都市で養護教諭として働く田之上啓太さん(健康科学科9期生)です。養護・看護実習室にて、在学生4名がインタビュアーとしてお話を伺いました。

(取材日:2021年3月21日)


Part 1 養護教諭の実際

――今日はよろしくお願いします。まずは、現在のお仕事について教えてください。

田之上啓太さん(以下、田之上さん) 京都市の学校で養護教諭として働いています。

学生A 田之上先輩は、全国でも少ない男性の養護教諭ですね(帝京短期大学・中村先生によると、男性養護教諭は全国の養護教諭総数の0.12%)。実際のところ、男性養護教諭に対して、学校現場での反応はどんな感じですか?

田之上さん まだまだ一般的ではないな、とは感じますね。ただ、僕自身の経験では、あまり拒否的な雰囲気を感じたことはありません。周りの先生や子どもたち、保護者の方も、初めのうちは「えっ、男の人なんだ」という反応をされますが、そのあと、「男性だから」ということで困ったことはないですね。

学生B そうなんですね。健康科学科にも、各学年数人の男子学生がいて、そのなかには養護教諭を目指している人もいますが、はじめは「男子もいるんだ」と思ったけれど、そのあとはあんまり意識しないですね。

田之上さん そうだよね、健康科学科では、男子は少数派だよね。ぜひ仲良くしてあげてね(笑)。

――男性だから困ったことはない、というお話ですが、困ったこと以外で、男性「だから」という違いはありますか?

田之上さん うーん、違いはあまり感じないですね。男だから、女だからという差を感じたことは、僕はないです。いま、多様なジェンダーについての認識も広まりつつあるし、学校では自然に受け入れられていると思っています。

学生C ときどき、男性養護教諭については「女子への対応はどうなんだ?」という指摘も見かけるのですが…。

田之上さん ああ、そうだね、女子特有の、例えば生理の話とかを気にする人もいるかもしれない。でも、子どもたちは話題と場所と先生を見て相談するかどうか決めていると、僕は思っています。養護教諭が男の人だから(だれにも)相談できない、という指摘は受けたことはないです。たぶん、女性のほうが話しやすいという話題は、女性の先生に相談しているんじゃないかな。

学生C そうなんですか!ちょっと安心しました。

田之上さん 性の話でいえば、男子には男子特有の悩み、たとえば精通についてとかは、女性養護教諭には話しづらいことかもしれないし、むしろ「男性養護教諭だから」話してくれたことかなぁと思って聞いています。「男性だから、女性だからこの話題は出しづらい、だから養護教諭に向いていないんだ」というような、ジェンダーに極端にこだわることはない、と思います。

――養護教諭として働いている、やりがいについて教えてください。

田之上さん 養護教諭がいる保健室って、学校の他の場所と大きな違いがあるんです。なんだと思いますか?

学生D 大きな違い?何だろう…。

田之上さん 保健室は、「子どもたちが唯一自分で選んで訪れる場所」ということです。クラスや教室は子どもたちが自分で選べないし居なくてはならない場所かもしれない。でも、保健室は、「しんどいから行く・行かない」や、「ちょっと悩みを聞いてほしいときに行く・行かない」」は、自分で選べるんですよね。

学生D ああ、たしかに!

田之上さん さっき「唯一」って言ったけど、実はトイレも自分で選んで行く場所。でも、トイレは一人の空間だけど、保健室は養護教諭がいます。その、「必ず誰かがいる場所」を選んでいく意味を考えると、すごく保健室って大切なところだと思いませんか?

学生D そうですね、子どもによっては、大きな存在ですね。

田之上さん 担任の先生じゃない人=養護教諭と接することで、元気になったり笑顔になったりして帰っていく子どもを見ると、やりがいを感じます。

――新型コロナウイルス感染予防対策で、20年度で大変だったことは何でしょうか?

田之上さん 行事がどんどんずれていったことですね。健康診断の準備をしたのに、学校が休校になる。休校あけに健康診断を始めようと思ったら別の用事が発生する。修学旅行のために、遠足のためにと予定していたけれど、延期になる…。せっかく行った準備が無駄になったりするなど、とにかく苦労しました。

学生A 学校全体が本当に大変だったんですね。

田之上さん そうですね。養護教諭特有の大変さといえば、衛生の中心的な役割を担当していることでしょうか。

学生B あ、たしかにそうですね!

田之上さん 消毒が必要な場所はここですよ、こうやって消毒してくださいねということを発信したり、健康観察で大切なポイントを尋ねられたり、行政のガイドラインが出ているにしろ、やっぱり自分がやらないといけないことが多くて、大変でした。

学生C 専門的な知識が必要ですね。大学で勉強したことを思い出したり、ご自身で調べられたりしたんですか?

田之上さん もちろん、自分で何とかしたものもあるけれど、地域の支部会で、いろんな先生と情報交換したり、資料をいただいたりして、学ばせてもらった部分も大きいです。

学生D ほかの学校の先生とも協力することができるのですね。

田之上さん 養護教諭は学校に一人であることも多く、専門的な部分は学校内だと頼られるシーンもありますが、やっぱり不安なときもあります。そんなときは、学外の先生方とつながりがあると、とても助かりますよ。


次回は一週間後に更新予定です!養護教諭を目指す人が気になる「教員採用試験」についてお聞きします。

【引用文献】
中村千景(2016)「男性養護教諭に関する研究動向」帝京短期大学紀要 = Bulletin of Teikyo Junior College (19), 73-79

2021年度ひらめき☆ときめき サイエンスを実施しました

2021年3月28日に健康科学科の教員によって「ひらめき☆ときめき サイエンス『生活の中での「みる」を考えて安全と健康に役立てよう』」が実施されました。「ひらめき☆ときめき サイエンス」は独立行政法人日本学術振興会が科学研究費助成事業による研究成果の社会還元・普及事業の一環として関西福祉科学大学にて実施するものです。

プログラムは「みることの基礎と認知」・「明るさを考えよう」・「みることと障害」・「疲労をみる」の内容で4名の教員が担当し、様々な観点からの「みる」について、参加者のみなさまが講義や実習に取り組みました。

参加者のみなさまに、少しでも科学や研究に興味をもって頂ければと願っております。

講義の様子
照度を測定しています

ひらめき☆ときめきサイエンスについては以下の日本学術振興会のページをご参照下さい。
https://www.jsps.go.jp/hirameki/index.html

3/21オープンキャンパスレポート

2021年度第一回目の対面型オープンキャンパスを、3月21日に開催いたしました。当日は朝から雨模様でしたが、たくさんの方にお越しいただきました。健康科学科コーナーでの様子をレポートします!

まず、養護・看護実習室にて「手洗い実験」を体験していただきました。これは、専用のローションをつけてから、普段通りの手洗いをし、ライトをあてると、洗い残しが光って見えるという実験です。「ちゃんときれいになってた!」「意外と洗えていなかった…」などの声があがるなか、「このような実験を取り入れて、衛生について分かりやすく指導するのも、健康の専門家が担うべき仕事です。学科では、そのために必要な知識や方法も学んでいきます」とお伝えしました。

教室に移動してからは、学科紹介を行いました。学科の学びの特徴や実習についてのこと、進路状況などを説明しました。

つづいて、長見まき子先生によるミニ講義「感情のトリセツ<怒りをうまく扱える人になろう>」を行いました。私たちにとって身近な感情の一つ<怒り>について、どんなときに怒りを感じるか?どう付き合っていけばよいのか?などを、具体的な例を取り上げてのお話をしました。参加者の皆さんは、ワークで自分の怒り経験を振り返りつつ、心理学の面白さを知っていただいたようです。

つぎに、先輩の話を聞こう!ということで、在学生と卒業生に、お話を伺いました。在学生3名からは、「学校生活」「インターンシップ実習」「養護実習」のそれぞれについて話をしてもらいました。また、健康科学科卒業生の田之上啓太さん(9期生・養護教諭)からは、この学科を選んだ理由、大学での学びが仕事でどのように役立つかといったお話や、現在のお仕事のやりがいについてお話をいただきました。

そのあと、養護・看護実習室の設備を見学していただき、質疑応答コーナー(よくある質問はこちら にもまとめております!)も開催し、短い時間でしたが充実したオープンキャンパスとなりました!

次回のオープンキャンパスは5月23日(日)の予定です!教職員一同、お待ちしております。

学内・学外にて看護臨床実習を実施しています!

健康科学科では、養護教諭一種免許状の取得を目指す学生たちが、毎年2月~3月に看護臨床実習に臨んでいます。この実習は、養護教諭さまざまなライフステージおよび健康レベルにある人々の状況を理解し、看護の役割・活動や、多職種連携を学ぶことなどを目的としています。

これまでは医療機関などの学外での実習としていましたが、今年はコロナ禍の影響もあり、学内実習と学外実習を組み合わせながら、学生たちは学びを深めています。

学内実習では、学科教員や外部講師による講義(遠隔を含む)や、自身の考えを深める演習を実施したり、基本的技能の取得を目指して練習を行ったりしました。また、一部学生は、オンライン会議システムを用いたカンファレンスにも参加させていただき、大きな学びとなったようです。

病棟実習で経験させていただくことも多い、ベッドメイクの練習です
これまでの授業内容を思い出しながら、基本的技能の定着を目指します
学内実習での学びを実践で生かすため、記録の整理は欠かせません!

学外実習では、感染症対策に十分留意したうえで、従来通りの実習をさせていただいたり、見学実習を受け入れていただいたりしています。

大学付属整形外科リハビリ診療所で、診察を見学させていただきました

今年は、これまでと異なる実習形態となることも多く、学科の教職員一同、総力をあげての実習となりました。

2021年3月末まで実習は続きます。実習で得た学びを自分のものにして、さらなるステップに進めるように、実習生一同がんばります!

★昨年度の看護臨床実習の報告はこちらです。
【授業紹介】看護臨床実習(病院実習)について

2020年度ホームカミングデー・養護教諭会を実施しました

健康科学科では、毎年リカレント教育の一環として、また在学生・卒業生の交流の場を設けるために、養護教諭会とホームカミングデーを開催しています。昨年度はコロナ禍によりホームカミングデー・養護教諭会を中止としましたが、今年度は2月27日(土)に対面及びオンラインの同時開催にて実施しました。対面の会場は、今年度新設された学園2号館の4階シアタールームを使用しました。

卒業生のみなさんからは、「こんな風になったんですね!」という驚きとともに、「自分たちのときにも欲しかった」などの感想の声もいただきました。

講演会①として、昨年度まで健康福祉学部学部長を務めていました倉恒弘彦名誉教授による『疲労とストレスの科学』についての講演がありました。倉恒先生のこれまでの疲労研究について学ぶとともに、最近開発したいつでもどこでも疲労を簡単に測ることのできるアプリの紹介をしてもらいました。

続いて、講演会②として、山本訓子先生から『キューマスクの使い方と養護教諭』についての講演がありました。今年度のホームカミングデー・養護教諭会参加者プレゼントとして配布しているキューマスクの使用方法と山本先生の経験を踏まえた養護教諭としての心構えについて教えてもらいました。

休憩を挟み、山村麻予先生による『人とのコミュニケーションの取り方』についての話がありました。相手との関係性に応じて、どのように質問して、どのように受け答えをすれば、コミュニケーションがスムーズにいくかというコツについての説明がありました。

その後、事前にアンケートでとった在学生の卒業生に対する質問について、参加している卒業生に回答をもらうQ&Aのコーナーを設けました。対面での参加者もオンラインでの参加者も、懐かしい面々や幅広い代の卒業生、教員と交流ができ、非常に有意義な時間となりました。

卒業生からは「健康科学科のおかげで、今の私があります!これからの益々のご発展をお祈りしております」など、たくさんのコメントをいただきました。また、参加していた在学生も「卒業生の先輩方のお話を実際に聞かせていただき、これからの勉強や活動の参考にさせていただきたいと思います」と、よい刺激をいただけたようです。

健康科学科では、リカレント教育及び交流の場としての養護教諭会・ホームカミングデーを今後も開催してまいります。卒業生の皆さん、次年度はリアルで集まることができるといいですね!