1年生の卒業必修科目「健康科学概論」がスタートしました

1年生の卒業必修科目「健康科学概論」がスタートしました

22期生の皆さん、ご入学おめでとうございます。入学式から1か月、オリエンテーション、履修登録、健康診断など、行事が目白押しでしたが、大学生活に少しは慣れてきたでしょうか。

本学では、アカデミックアドバイザー制度(AA)を実施しています。AA担当教員は「担任」のようなものです。履修登録や大学生活での困りごとなどについて、AA担当教員と定期的に面談をしていきますので、分からないところや不安なことがあったら、どんどん相談して下さい。AA担当教員以外でも、健康科学科の教職員全員が、皆さんの相談に応じます。

健康科学科では、1年生の卒業必修科目で「健康科学概論」を設置しており、7人の専任教員が担当します。全員が1年生のAAを担当している先生たちです。この科目を通じて、健康科学で学ぶにあたっての基礎について考えを深め、レポート作成の方法や授業の受け方等の大学における学びのスキルを身につけるとともに、グループワークによる協働性・主体性に慣れることを目的としています。

将来の夢や「なりたい自分」に近づくために、皆さんがこれから多くのことを学び、たくさんの友人と共に、充実した有意義な学生生活を送ることができるよう、学科の教職員一同、応援しています。

入学式後の学科ガイダンスの様子
入学式後の学科ガイダンスの様子
1年AA行事の様子
1年AA行事の様子
1年AA行事の様子
1年AA行事の様子
健康科学概論の授業の様子
健康科学概論の授業の様子

インターンシップ実習の成果を報告しました!

インターンシップ実習の成果を報告しました!

健康科学科では、健康・安全を守る専門家としての実践力を高める教育を充実させるだけでなく、キャリア教育・就業意識を向上させ、社会経験を積むことにより、自分に適した進路を決定できる支援を行っています。2011年度よりインターンシップへの参加を推奨し、2016年度より正課科目として開講しています。

2023年度も、健康、安全、衛生に特化した専門的な取組みを行なっている企業・団体の実習先や大学コンソーシアム大阪の実習先にインターンシップに行きました。秋学期の事後指導(全8回)では、実習の内容や自分の課題を振り返ると共に、報告会での発表やポスター作成を通じ、インターンシップに参加することの意義を再確認し、自己理解と仕事理解を深めました。インターンシップの意義についてポスターを作成して発表し、お互いに学びを共有しました。

報告会の様子
報告会の様子
実習先担当者の方から温かいコメントを頂きました
実習先担当者の方から温かいコメントを頂きました
全員の集合写真です
全員の集合写真です
ポスター作製の様子
ポスター作製の様子

看護臨床実習(病院での実習)がスタートしました!

看護臨床実習(病院での実習)がスタートしました!

健康科学科の学生の多くは、「看護臨床実習」として、病院での実習に参加します。

今年度も、養護教諭を目指す学生たちが、この2月~3月に、いくつかのグループに分かれて、学外での臨地実習に臨みます。
この実習は、さまざまなライフステージおよび健康レベルにある人々の状況を理解し、看護の役割・活動や、多職種連携を学ぶことなどを目的とするものです。

★養護教諭第一種免許の取得に必要な実習についてはコチラ

<事前学習から実習中、事後学習でも活用するノート(ファイル)>
<事前学習から実習中、事後学習でも活用するノート(ファイル)>

実習に参加する前に受講する事前学習では、秋学期をかけて様々なことを学びました。
たとえば、「看護臨床実習での目標」や、「どのようなことを学ぶのか(実習内容)」といった実習の基本に関わることから、「カンファレンスの持ち方」「実習生の心得」などの具体的なことまで、たくさんのことを、ゆっくりと理解し、勉強していきます。
そして、1人ずつが実習の目標、達成課題を立て、先生方や仲間たちからアドバイスをもらいながら、よりよい実習になるように、心と体の準備を整えていきました。

十日間の実習を通して、知りたい・学びたいと思ったことや、予想していなかったこと、初めて知ったことを、たくさん学び取ってきてくれることと思います!

<担当の森口先生から、実習前にメッセージをいただきました>
<担当の森口先生から、実習前にメッセージをいただきました>
<身だしなみチェックも一人ずつ行います>
<身だしなみチェックも一人ずつ行います>

「養護概説」の授業について紹介します!

「養護概説」の授業について紹介します!

「養護概説」は、養護教諭の基本的な仕事内容や保健室の運営方法、それらの根拠となる法律等について学ぶ授業です。また、1年生の段階から養護教諭の職務である“養護”とは何かについてじっくり考えることで、養護教諭としての基盤を固めることができます。

“養護”とは、そもそも解がないものです。
さらに、文部科学省が指摘しているように、学校は、社会が大きく変化し続ける中で子どもを取り巻く状況の変化や多様化・複雑化した課題に向き合わなければなりません。

この授業では、こうした正解がない曖昧で複雑な課題にもしっかりと正対することができる養護教諭になってもらえるように、グループワークや個人作業を通して、「養護っていったい何なのか」「何が養護で、何が養護じゃないのか」について考える機会を設けています。

写真は、本講義で使用する教科書で、『学校保健実務必携』という本です。
養護教諭の基本的な仕事内容とそのために必要な情報がこの1冊に凝縮されています。
養護教諭のバイブルといっても過言ではありません。

先輩が語る!『キャリア開発』での大阪市教師養成講座の紹介と体験談

先輩が語る!『キャリア開発』での大阪市教師養成講座の紹介と体験談

自分の進路を決めるうえで、身近な先輩の話はとても役立ちます。

第14回の授業では、今年度の大阪市教師養成講座を受講した2人の先輩学生から、講座の紹介や受講した理由、講座で得たこと、後輩へのアドバイスなどを話していただきました。

たくさんの質問が後輩達から寄せられ、先輩に丁寧に答えていただきました。
後輩達も、実際に頑張っている先輩の姿を見て、「私もできるかもしれない!」という自己効力が高まったようです。
ありがとうございました!

先輩学生からの説明の様子
先輩学生からの説明の様子