1年生から4年生まで参加の学科学生交流会を開催しました!

4月29日にオンライン会議システムを使用した学科学生交流会を開催しました!

授業と重ならないように朝早くからの開催でしたが、1年生から4年生まで20名以上の在学生、教員が参加して、座談会形式でQ&Aのやりとりを行いました。

やりとりの一部をご紹介します!

2年生から質問「アルバイトと学業の両立は、どうしたらいいですか?先輩たちがどれくらいシフトを入れているかとか、知りたいです」

先輩「私は、テストのときはお休みをもらうとか、時間割が詰まっている日はシフトを入れないとか、工夫をしています。週に1回程度、長期休みは複数回となることが多いです」

先輩「アルバイトの選び方もポイントになるかもしれません。無理のない範囲で…とできるといいね」

1年生から質問「奨学金のことを、もうちょっと知りたいです。成績なども関連するのかな?とか、わからないことが多くて。」

先生「たくさんの種類があって難しいですよね。大学からの通知を見ながら、ひとつずつの特徴を調べたり、聞いたりしていくのがいいです。健康科学科の先輩ではね・・・」

1年生「なるほど、ありがとうございます!目標の一つにしてがんばります」

2年生から質問「遠隔授業で課題が多いですが、教採の勉強もそろそろ…と思うと、どうやってみんなが勉強時間をやりくりしているのか気になります」

4年生「私は授業が一番の勉強だと思っています。そのために、対面授業がある日の通学時間は、睡眠にあてています。帰りはレポート課題の校正にあてるか、授業資料を見て、「わからないところ探し」にあてているよ。」

3年生「遠隔授業は授業時間に動画を見て、その日のうちに課題!と思って頑張るけど、できないことも。締め切りが早いものから地道にやっています。教採の勉強は、まずは模試を受けて、その見直しから始めてます」

2年生「遠隔授業課題は出題された日にやろうと思っています。早く終わったら、一人暮らしなので家事をしたり…。時間のかかる課題もあるし、土日に料理を作り置きしておくと便利!」

さいごには、一人で過ごすことが増えるこの時期の、ストレス解消法をひとりずつ紹介してお開きとなりました。

ふだんはできない、ちょっとだけ改まった「大学についての話」ができました。

第2回、第3回とまた企画して、学科のなかの関係性を深めていきたいと思います!

 

2021年度ひらめき☆ときめき サイエンスを実施しました

2021年3月28日に健康科学科の教員によって「ひらめき☆ときめき サイエンス『生活の中での「みる」を考えて安全と健康に役立てよう』」が実施されました。「ひらめき☆ときめき サイエンス」は独立行政法人日本学術振興会が科学研究費助成事業による研究成果の社会還元・普及事業の一環として関西福祉科学大学にて実施するものです。

プログラムは「みることの基礎と認知」・「明るさを考えよう」・「みることと障害」・「疲労をみる」の内容で4名の教員が担当し、様々な観点からの「みる」について、参加者のみなさまが講義や実習に取り組みました。

参加者のみなさまに、少しでも科学や研究に興味をもって頂ければと願っております。

講義の様子
照度を測定しています

ひらめき☆ときめきサイエンスについては以下の日本学術振興会のページをご参照下さい。
https://www.jsps.go.jp/hirameki/index.html

2020年度ホームカミングデー・養護教諭会を実施しました

健康科学科では、毎年リカレント教育の一環として、また在学生・卒業生の交流の場を設けるために、養護教諭会とホームカミングデーを開催しています。昨年度はコロナ禍によりホームカミングデー・養護教諭会を中止としましたが、今年度は2月27日(土)に対面及びオンラインの同時開催にて実施しました。対面の会場は、今年度新設された学園2号館の4階シアタールームを使用しました。

卒業生のみなさんからは、「こんな風になったんですね!」という驚きとともに、「自分たちのときにも欲しかった」などの感想の声もいただきました。

講演会①として、昨年度まで健康福祉学部学部長を務めていました倉恒弘彦名誉教授による『疲労とストレスの科学』についての講演がありました。倉恒先生のこれまでの疲労研究について学ぶとともに、最近開発したいつでもどこでも疲労を簡単に測ることのできるアプリの紹介をしてもらいました。

続いて、講演会②として、山本訓子先生から『キューマスクの使い方と養護教諭』についての講演がありました。今年度のホームカミングデー・養護教諭会参加者プレゼントとして配布しているキューマスクの使用方法と山本先生の経験を踏まえた養護教諭としての心構えについて教えてもらいました。

休憩を挟み、山村麻予先生による『人とのコミュニケーションの取り方』についての話がありました。相手との関係性に応じて、どのように質問して、どのように受け答えをすれば、コミュニケーションがスムーズにいくかというコツについての説明がありました。

その後、事前にアンケートでとった在学生の卒業生に対する質問について、参加している卒業生に回答をもらうQ&Aのコーナーを設けました。対面での参加者もオンラインでの参加者も、懐かしい面々や幅広い代の卒業生、教員と交流ができ、非常に有意義な時間となりました。

卒業生からは「健康科学科のおかげで、今の私があります!これからの益々のご発展をお祈りしております」など、たくさんのコメントをいただきました。また、参加していた在学生も「卒業生の先輩方のお話を実際に聞かせていただき、これからの勉強や活動の参考にさせていただきたいと思います」と、よい刺激をいただけたようです。

健康科学科では、リカレント教育及び交流の場としての養護教諭会・ホームカミングデーを今後も開催してまいります。卒業生の皆さん、次年度はリアルで集まることができるといいですね!

2020年度卒業研究発表会を実施しました

健康科学科では例年、全学年が一堂に集まり、卒業研究発表会を開催しています。しかし、今年度は新型コロナウィルスへの感染を予防するために、発表者と教員のみ集まって発表会を行い、その様子をオンデマンドで全学年に公開する形式となりました(公開日は2021年2月3日(水))。

今年度の4年生は資格取得や就職活動といった日々の忙しさに加え、コロナ禍により調査実施等の卒業研究活動の困難さがありました。そのような中、苦心しながらも取り組み、その成果を7つのゼミの代表者が発表しました。皆、緊張した様子ながらも、意義のある研究内容を発表しました。

1年生から3年生からは、「どうすれば発表が見やすく、わかりやすいものになるかを学んだ」「先生からの質問に対して、自分の考えや研究内容をすぐに答えることが出来ていて、さすが4年生だと思いました」といった発表方法をはじめ、「研究結果を自分自身の日常にも反映してみたい」「自分も発表テーマについて関心を持った」その他様々な発表内容についての感想や質問があり、皆が関心を持って発表の動画を観ていたことがうかがえました。今回の発表会で感じたこと、学んだことを今後の自分の卒業研究につなげてもらえたらと思います。

なお、発表者は全員学科卒業式で表彰されます。

2020年度 健康科学科 卒業研究発表会 研究タイトル(発表順)

  • 藤岡ゼミ:『身だしなみ意識および自己管理スキルが生活習慣に及ぼす影響』
  • 福田ゼミ:『学業ストレスとコーピングに関する研究―受験期にある中学3年生と高校3年生の違いについて―』
  • 木村ゼミ:『大学生における「ふつう」認知についての検討』
  • 長見ゼミ:『親の養育態度が現在の大学生の対人関係ストレスに与える影響に関する研究』
  • 治部ゼミ:『新型コロナウイルスによる自粛期間中の趣味活動と気分状態』
  • 松中ゼミ:『大学生の精神的健康度と余暇活動の関連について』
  • 水鳥ゼミ:『“キャラ”を介したコミュニケーションが友人関係に及ぼす影響』

令和2年度 養護教諭会&ホームカミングデーを開催します

令和2年度の養護教諭会&ホームカミングデーを開催します。


日時:令和3年2月27日(土)(受付開始13:00)

開催時間 第1部 講演会 13:30~14:30

      第2部 交流会  14:40~15:30  

会場:関西福祉科学大学 大学2号館201大講義室 オンラインでも同時開催

オンライン参加の方法は、申込頂いた方に後日メールにてご案内致します。感染症対策の観点から、来学して参加頂ける人数を制限させて頂きます。


内容:

講演「疲労とストレスの科学」(倉恒弘彦 先生、関西福祉科学大学名誉教授)

新任教員によるミニレクチャー「キューマスクの使い方と養護教諭」、

「人とのコミュニケーションの取り方」、卒業生の活動報告、学科の活動報告など


参加申込方法等詳細については、案内ハガキやメール(メール配信希望者のみに配信)をご覧ください。

一昨年の様子はこちらをご覧ください(以下の写真は一昨年の様子です)

皆さまのご参加をお待ちしています!