3/21オープンキャンパスレポート

2021年度第一回目の対面型オープンキャンパスを、3月21日に開催いたしました。当日は朝から雨模様でしたが、たくさんの方にお越しいただきました。健康科学科コーナーでの様子をレポートします!

まず、養護・看護実習室にて「手洗い実験」を体験していただきました。これは、専用のローションをつけてから、普段通りの手洗いをし、ライトをあてると、洗い残しが光って見えるという実験です。「ちゃんときれいになってた!」「意外と洗えていなかった…」などの声があがるなか、「このような実験を取り入れて、衛生について分かりやすく指導するのも、健康の専門家が担うべき仕事です。学科では、そのために必要な知識や方法も学んでいきます」とお伝えしました。

教室に移動してからは、学科紹介を行いました。学科の学びの特徴や実習についてのこと、進路状況などを説明しました。

つづいて、長見まき子先生によるミニ講義「感情のトリセツ<怒りをうまく扱える人になろう>」を行いました。私たちにとって身近な感情の一つ<怒り>について、どんなときに怒りを感じるか?どう付き合っていけばよいのか?などを、具体的な例を取り上げてのお話をしました。参加者の皆さんは、ワークで自分の怒り経験を振り返りつつ、心理学の面白さを知っていただいたようです。

つぎに、先輩の話を聞こう!ということで、在学生と卒業生に、お話を伺いました。在学生3名からは、「学校生活」「インターンシップ実習」「養護実習」のそれぞれについて話をしてもらいました。また、健康科学科卒業生の田之上啓太さん(9期生・養護教諭)からは、この学科を選んだ理由、大学での学びが仕事でどのように役立つかといったお話や、現在のお仕事のやりがいについてお話をいただきました。

そのあと、養護・看護実習室の設備を見学していただき、質疑応答コーナー(よくある質問はこちら にもまとめております!)も開催し、短い時間でしたが充実したオープンキャンパスとなりました!

次回のオープンキャンパスは5月23日(日)の予定です!教職員一同、お待ちしております。

12/12オープンキャンパスレポート

参加者にはまず「手洗い実験」をしてもらいました。これは、普段の手洗いだとどれくらい汚れが残ってしまうのかを体験してもらうもので、特にどの箇所の汚れが落ちていないかといった自分の手洗いの足りない箇所も知ってもらいました。その上で、汚れた手で握ったおにぎりときれいな手で握ったおにぎりの劣化の違いについての動画を見てもらい、手洗いの重要さを確認してもらいました。

続いて、学科紹介では学科の学びの特徴や主な進路、今年度の教員採用試験の結果等について説明しました。

今回のミニ講義は、松中久美子先生による「“視覚障がい”とは~いろいろな見え方を体験しよう~」でした。視覚障がいの方の視覚に伴う日常生活に伴うストレスや困難に関するミニクイズとその解説を行いながら、弱視の体験を行いました。

弱視の体験は、視覚障がいは視力と視野の2側面を基準とするということから、視野が狭い眼鏡、視野の中心が見えないメガネ、視力の程度が非常に低くなる眼鏡を作成し、それらをかけた状態でものを見るというものでした。視覚障がいの方がどのようなものの見え方をしているかを知ることは、今後養護教諭としてだけではなく、社会における様々な場面でも活きるものになると思います。

 

在学生の話では、在学生3人からインターンシップ実習、看護臨床実習、養護実習についての話がありました。それぞれ、実習でどのようなことを行ったか、どのような経験をしたか、実習を通してどのようなことを学んだか、どのような力が身についたかについて語ってくれました。

卒業生の話では、10月に行ったオープンキャンパスでの卒業生の話を録画したものを流しました。養護教諭における仕事において、生徒との関わりだけでなく他の教員との情報共有や連携が大切であるということや、今年のコロナ禍における養護教諭の活動について語ってくれました。

次回のオープンキャンパスは3月21日(日)です。

皆さまのお越しを教職員一同、お待ちしております。

10/11 オープンキャンパスレポート

今年度は、コロナ禍のため対面でのオープンキャンパスがあまり出来ていなかったため、10/11(日)に、完全予約制にて、追加のオープンキャンパスを実施いたしました。

参加者の方には、実習室に到着したら、まず「手洗い実験」に参加してもらい、普段の手洗いでどのくらいの汚れが残っているのか、ご自身の洗い方のクセ、洗い残しの確認をしてもらったうえで、汚れた手でおにぎりを握ると、どのように変化していくかという動画を見てもらい手洗いの重要さを体験してもらいました。

おにぎり手洗い動画

学科紹介では、進路状況をはじめ、実習やインターンシップなど、学科の学びと特色について説明しました。

学科紹介の様子

ミニ講義は、山本訓子先生による「お仕事図鑑・養護教諭の仕事の魅力を探ろう」でした。養護教諭は、どのような仕事をするのか、どんなところにやりがいがあって、どんなところが楽しいのか、養護教諭を長年経験してきた山本先生から、養護教諭という仕事の魅力がたっぷりと伝えられました。また、実際の保健指導の様子を見ることができ、参加者の皆さんも「養護教諭になりたい!」という気持ちがより一層高まったことと思います。

 

ミニ講義の様子
ミニ講義の様子

「在学生の話」では、看護臨床実習での経験や、この9月に終わったばかりの養護実習での経験や感想などのほか、福科大を選んだ理由や学生生活についての話がありました。

在学生の話
在学生の話

「活躍する先輩の話を聞こう」のコーナーでは、卒業生は、感染症予防対策の観点からリモートでの出演となりました。和歌山県で養護教諭として勤務している卒業生から、実際に養護教諭として働いてみて、どう感じているのか、コロナ問題で苦労していること、採用試験を目指す皆さんへのメッセージがありました

卒業生の話(リモート参加)

卒業生からのメッセージ「養護教諭を目指す皆さんへ」はコチラ


次回のオープンキャンパスは12/12(土)です。健康科学科のミニ講義は、松中久美子教授による「『視覚障がい』とは~いろいろな見え方体験」です。視覚障のある子どもへの教育について学んだうえで、視覚障がいのある子どもが日常生活でどのようなストレスを抱えているのか、体験キットを使って、様々な見え方を体験して頂きます。皆さまのご参加を教職員一同、お待ちしております。

  • 教員採用試験(養護教諭)の合格者の声「合格者から後輩へのメッセージ」はコチラから。
  • 「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI」で採択された、健康科学科・木村貴彦先生のプログラム「生活の中での『みる』を考えて安全と健康に役立てよう」についてはコチラから。

8/23,9/6オープンキャンパスレポート

8/23(日)・9/6(日)オープンキャンパスを開催しました。

今年度は、コロナ禍において、webでのオープンキャンパスが続いておりましたが、8/23(日)、9/6(日)に、完全予約制にて、感染症対策を取りながら、対面でのオープンキャンパスを実施することができました。

健康科学科では、開始前に「手洗いの効果を見る実験」を行い、普段の手洗いだと、どのくらいの汚れが残っているのかを確認してもらいました。その後、学科紹介、在学生の話、ポテンシャル発見プログラム2nd、ワーク「他者を支援する方法」(9/6のみ)、香り玉体験、個別相談、保健室見学を適宜体験してもらいました。

 

学科紹介の様子

ワークでは、教育心理学の「他者を支援する方法」を体験してもらいました。「思いやり」、「思いやりのある行動」とは具体的にどんな行動なのか、考えてみました。参加した方には、学問というのが日常生活に役立つものだということを体験してもらえたと思います。

学科コーナーへの入口

「在学生の話」は、大学3回生の2人にリモートで出演してもらいました。2人とも、養護実習のため、実家に戻って、実習の準備や採用試験の勉強などをしています。看護臨床実習やインターンシップでの経験、そこでの学びをこれからどう活かしたいかなどについて、話をしてくれました。

在学生の話

ポテンシャル発見プログラムでは、8/23に1stプログラムを、9/6には2ndプログラムを体験してもらいました。このプログラムは、なりたい自分を目指して、「あなたの可能性=ポテンシャル」に注目して育成し、その後の入試で評価する本学独自のものです。プログラムを受けた後は、「あなたの強み」、「大学でやりたいこと」、「あなたの将来像」がより明確になっているはずです。

ポテンシャル発見プログラムの様子

 

●在学生の話~インターンシップについて(3回生) はコチラ

●在学生の話~看護臨床実習(病院実習)について(3回生) はコチラ

●ポテンシャル発見プログラムはコチラ

●合格者からの後輩へのメッセージはコチラ

12/21(土)オープンキャンパスレポート

12/21(土)にオープンキャンパスを開催しました。健康科学科では、大学3号館4階の養護・看護実習室で、学科の説明やミニ講義を実施しました。高校生やその保護者が参加され、大変熱心に聞き入っておられました。

松村准教授の健康科学科の学科紹介では、昨年度卒業生の進路状況をはじめ、取得できる資格、実習やインターンシップなど、学科の学びの特色を説明しました。

学科紹介の様子
学科紹介の様子

続いて、福田教授によるミニ講義「香りの効果を知ろう」では、香りの効果を通して学習意欲を高めたり、リフレッシュできるなど、科学的な根拠のもと考えることができた様子でした。参加者の皆さまも、香り当てクイズや自分の好きな香り玉作りなど、楽しめたのではないでしょうか。

ミニ講義の様子
ミニ講義の様子

「在学生の話」では、大学での授業、看護臨床実習での経験や養護実習に向けた準備、インターンシップでの学び、ボランティア活動、サークル活動、寮生活についての話がありました。

次回3/22(日)のオープンキャンパスのミニ講義は、松中久美子准教授による「視覚障がいとは~いろいろな見え方を体験してみよう」です。午後からは学科の学びを体験できる「ミニ保健室」も実施します。たくさんの皆さまのお越しをお待ちしております。

また、3/22(日)には、オープンキャンパスと同時開催で、独立行政法人日本学術振興会が科学研究費助成事業による研究成果の社会還元・普及事業の一環として、「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI」のプログラム「健康をみる・まもる・つくるを学ぼう」を実施します。

「健康をみる・まもる・つくるを学ぼう」(ひらめき☆ときめきサイエンス)のお知らせはコチラ
https://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/topics/2019/d19097.html