7/24オープンキャンパスレポート

7月24日にオープンキャンパスを開催しました!

【手洗い実験】

初めに参加者の方全員に手洗いをしてもらいます。
手洗いチェッカーのクリームを手に塗り、いつもより丁寧に手洗いをします。
きれいに手を拭いてから、ブラックボックスの中に手を入れると・・?洗い残しが青白い光となってキラキラ!「えー?まだ洗えていないところがあったなんて!」と驚きです。


【ミニ講義】

斉藤ふくみ先生「養護教諭の職務(仕事)論」の講義がありました。

この中で、3年生の学生が保健指導「耳の中をのぞいてみよう」を披露しました。春学期の保健科指導法Ⅰの授業で作成したとのことです。3年生で、こんなに上手な保健指導ができるようになるのですね。

その後、保健室で子どもとの対話に活用できる「キワニスドール」の紹介がありました。全員に、斉藤先生お手製のキットがプレゼントされました。ご家庭で自分なりの人形を作ってくださいね。


【養護教諭として活躍している先輩の話】

和歌山県で働いている本学科の13期卒業生が、実際に働いてみて、コロナで大変だったこと、やりがいを感じることを話してくれました。

○実際に働いてみて

1人職のため、疑問に思うことをすぐに聞くことができなかったり、児童生徒の命を預かる仕事のため責任が大きく、不安に感じることも多いです。そのため、周りの先生方と連携、協力していくことがとても大切になります。小さなことでも記録を取り、報告、相談をすること、コミュニケーションを取ることを心がけています。

○新型コロナウイルスが流行し、大変だったこと

初めの頃は何が正しい情報、対策がわからなかったり、消毒やマスクが手に入らないなか、私が中心となり学校生活での感染症対策について考え実施していかなければなかったことは大変でした。また、手すりやドアノブ等の消毒などの業務も増加しました。

○養護教諭として、やりがいを感じること

体調不良や怪我で保健室を訪れた児童に手当をしたり、話を聞いてあげた児童が元気になり教室に戻っていくこと、子ども達や先生方から「ありがとう」と言われるとき、また、健康診断など自身が計画し、実施する行事がスムーズに行われた時などもやりがいを感じることができます。一人職で非常に責任が大きく、不安になることや大変なことも多いですが、自分を頼りにしてくれる児童がいることや、日々成長していく姿を見れたり、サポートができることにやりがいを感じます

その後、和歌山県の養護教諭を目指す在学生や、和歌山からの参加者の相談に乗ってくれました。「なんでも分からないことは相談するんだよ」と在学生も身近に強力なサポーターがいることを知り、安心した様子でした。このような先輩とのつながりが健康科学科の良いところだなと思います。


【在学生の話】

本学科の在学生が、なぜこの大学を選んだか、遠距離通学の時間の使い方、実家暮らしの良いところ、課外活動「玉手山学生赤十字奉仕団」、看護臨床実習についての話をしました。


次回のオープンキャンパスは8月7日(土)です。
ミニ講義は、野口法子先生の「養護教諭が行う“悩み相談”って?」です。午前(10時から)と午後(13時から)の二部制で、同内容で開催します。完全予約制ですので、大学ホームページからお申込み下さい。

 

7/11オープンキャンパスレポート

7月11日(日)にオープンキャンパスを午前と午後の二部制で開催しました。

健康科学科では午前・午後ともに、最初に「手洗い実験」を行い、普段の手洗いの大切さを体験して頂きました。

続いて、健康科学科の学科紹介を行いました。学科の学びの特徴や進路状況をはじめ、実習やインターンシップなど、学科の特色を説明しました。

ミニ講義では、山本訓子先生による「わくわく健康教育」があり、先生が幼稚園で行っていた保健指導の紹介をしました。発育測定時の保健指導の実演もあり、子どもの発達等の実態に合わせて楽しく、より良い成長につながる幅広い健康の知識を伝える重要性を感じることができたのではないかと思います。

その後、オンラインで卒業生に話をしてもらいました。

午前は、愛媛県で養護教諭として働く卒業生から話がありました。養護教諭は子どもだけでなく職場の教員との関わりも多くやりがいがあることや、コロナの問題において感染症対策等でリーダーシップをとることの大変さについて伝えてくれました。また、これから採用試験を目指す人々に向けて、アルバイトや友人との交流、大学での授業等、多くのことを経験することが子どもたちを魅了する幅広い知識や経験につながるということや、採用試験はその時その時で調子や雰囲気も異なるため、諦めずに何度も挑戦してほしいということも伝えてくれました。

午後は、京都府で養護教諭として働く卒業生から話がありました。実際に養護教諭として働いてみて、保健室に来る生徒の対応だけでなく環境整備や事務作業等やることが多いと実感しているとのことでした。また、保健室に来ない生徒にどのように自分の健康を考えてもらう機会を提供するか、生徒と教員との距離感の問題についても伝えてくれました。オープンキャンパス参加者に向けて、高校生のうちに勉強の基礎固めをすることが大切であることや、色々将来について考えながら大学生活を過ごしてほしいということも伝えてくれました。

在学生は「学生寮がどのようなところか」と「看護臨床実習」、「高校と大学の違い」「大学における課外活動、授業」について話をしました。寮ならではの良さや、実習の雰囲気、大学での学びの内容が伝わったのではないかと思います。

次回のオープンキャンパスは7月24日(土)、25日(日)です。
ミニ講義は、24日が斉藤ふくみ先生の「養護教諭の職務(仕事)論」、25日が長見まき子先生の「レジリエンスを高めよう(「折れない心」をつくるために)」です。両日とも午前(10時から)と午後(13時から)の二部制で、同内容で開催します。完全予約制ですので、大学ホームページからお申込み下さい。

また、午後からはポテンシャル発見プログラムも実施します。総合選抜型(ポテンシャル発見)での受験を考えている方や関心がある方はもちろん、他の入試での受験を考えている方も、ポテンシャル発見プログラムを受けて、志望動機やなりたい自分を一緒に考えてみましょう。ポテンシャル発見プログラムへの参加を希望する方は午後からお越し下さい。皆さまのご参加を教職員一同お待ちしております。

6/20オープンキャンパスレポート

6月20日(日)にオープンキャンパスを開催しました!

健康科学科では、最初に「手洗い実験」を行います。この実験を通して、普段の手洗いでどの程度汚れが残っているかを体験してもらい、丁寧な手洗いを行うことの重要性を改めて確認してもらいました。

【手洗い実験】

講義室についたら、着席する前にまず手洗い!手洗いチェッカーを用いて,洗い残しがないように丁寧に洗いました。


【ミニ講義】

この日は、長見先生による「感情のトリセツ~怒りを上手に取り扱えるようになろう」の講義がありました。心のケアに強い養護教諭になるための第一歩として、怒りの感情を理解して、自分の気持ちを上手に伝える方法を学びました。


【養護教諭として活躍している先輩の話を聞こうコーナー】

本学科の卒業生が、リモートで登場!養護教諭として現在働いている小学校でのやりがい、コロナ問題で苦労していること、大学での学び、採用試験の勉強の方法などについて話してくれました。

現在は、保健指導や保健だより、掲示物など保健室からの「発信」に力を入れているとのことで、6月の掲示物も見せていただきました。

健康科学科での大学生活は、同じ目標を持った友達と切磋琢磨できる充実した時間であったこと、高校生の皆さんには、大学でいろいろな体験を通して視野を広げてほしいことなどメッセージが伝えられました。(2020年3月卒業・養護教諭として勤務)


【在学生の話を聞こうコーナー】

本学科の在学生が、なぜこの大学を選んだか、ポテンシャル発見入試の体験談、一人暮らしで気を付けていること、看護臨床実習についての話をしました。
なぜこの大学を選んだかについては、オープンキャンパスに参加して、1.校内が明るくてゆったりした流れであったこと 2.笑顔が多いこと 3.気さくに話しかけてくれるスタッフ達 4.教員と学生との距離が近いことを感じたからとのことでした。
今回のオープンキャンパスに参加してくれた皆さんからも、このように良い印象を持っていただけたらうれしいです。


【ポテンシャル発見プログラム】

ポテンシャル発見プログラムの1stプログラムでは、参加者の皆さんが、ワーク課題に真剣に取り組みました。たくさんの長所を発見することができた様子でした。


次回のオープンキャンパスは、7月10日(日)です。ミニ講義は山本訓子先生の「わくわく健康教育」です。たくさんの方の来校をお待ちしております。

*6月から8月のオープンキャンパスは、午前(10時から)と午後(13時から)の2部制とし、同内容で開催します。
6月からはポテンシャル発見プログラム(1st)も実施します。総合選抜型(ポテンシャル発見)での受験を考えている方や関心がある方はもちろん、他の入試での受験を考えている方も、ポテンシャル発見プログラム(1st)を受けて、志望動機やなりたい自分を一緒に考えてみましょう。ポテンシャル発見プログラムへの参加を希望する方は午後(13時)からお越し下さい。

 

 

5/23オープンキャンパスレポート

5月23日(日)にオープンキャンパスを開催しました。

健康科学科では、最初に「手洗い実験」を行います。この実験を通して、普段の手洗いでどの程度汚れが残っているかを体験してもらい、丁寧な手洗いを行うことの重要性を改めて確認してもらいました。


続いて、健康科学科の学科紹介を行いました。学科の学びの特徴や進路状況をはじめ、実習やインターンシップなど、学科の特色を説明しました。


ミニ講義では、斉藤ふくみ教授による「ザ保健室!」がありました。保健室があることの意義や室内の空間の重要性についての講義を受け、参加者は適切な絆創膏の貼り方や傷口の消毒の仕方を体験してもらいました。


その後、オンラインで三重県の小学校で養護教諭として働く卒業生に話をしてもらいました。

働く前は、養護教諭は傷の手当てや生徒の相談にのることが多いというイメージだったが、働いてみると毎日報告書を作成するなど事務作業が多くて驚いたという話や、保健室に来る生徒から「保健室に来ると落ち着く」といった言葉や「話聞いてくれてありがとう」といった言葉をもらった時にやりがいを感じるといった話をしてくれました。
後輩達へのメッセージとして「コロナでやりたいことも十分にできなくてモヤモヤする気持ちで過ごしていると思いますが、自分でこうやりたいなと思ったことはどんどんチャレンジしていって下さい。色々な人たちと出会って、色々な人がいたり考え方があったりすることを知り、自分のなかに溜めていきましょう。働きはじめると色々な子どもや保護者さんと出会うので、自分の経験がとても大事になってきます。頑張って下さいね。」という言葉を送ってくれました。


また、在学生は「健康科学科を選んだ理由」と「受験した入試」について話をしました。大学の設備が充実していることや出身校の養護教諭の母校であったこと、実際にオープンキャンパスに参加し感銘を受けたことが決め手だったことを語ってくれました。


次回のオープンキャンパスは6月20日(日)です。ミニ講義は、長見まき子教授の「アンガーマネジメント(怒りの感情と上手に付き合う)」です。

また、6月から8月のオープンキャンパスは、午前(10時から)と午後(13時から)の2部制とし、同内容で開催します。6月からはポテンシャル発見プログラム(1st)もいよいよスタートします。
総合選抜型(ポテンシャル発見)での受験を考えている方や関心がある方はもちろん、他の入試での受験を考えている方も、ポテンシャル発見プログラム(1st)を受けて、志望動機やなりたい自分を一緒に考えてみましょう。ポテンシャル発見プログラムへの参加を希望する方は午後(13時)からお越し下さい。皆さまのお越しを教職員一同お待ちしております。

3/21オープンキャンパスレポート

2021年度第一回目の対面型オープンキャンパスを、3月21日に開催いたしました。当日は朝から雨模様でしたが、たくさんの方にお越しいただきました。健康科学科コーナーでの様子をレポートします!

まず、養護・看護実習室にて「手洗い実験」を体験していただきました。これは、専用のローションをつけてから、普段通りの手洗いをし、ライトをあてると、洗い残しが光って見えるという実験です。「ちゃんときれいになってた!」「意外と洗えていなかった…」などの声があがるなか、「このような実験を取り入れて、衛生について分かりやすく指導するのも、健康の専門家が担うべき仕事です。学科では、そのために必要な知識や方法も学んでいきます」とお伝えしました。

教室に移動してからは、学科紹介を行いました。学科の学びの特徴や実習についてのこと、進路状況などを説明しました。

つづいて、長見まき子先生によるミニ講義「感情のトリセツ<怒りをうまく扱える人になろう>」を行いました。私たちにとって身近な感情の一つ<怒り>について、どんなときに怒りを感じるか?どう付き合っていけばよいのか?などを、具体的な例を取り上げてのお話をしました。参加者の皆さんは、ワークで自分の怒り経験を振り返りつつ、心理学の面白さを知っていただいたようです。

つぎに、先輩の話を聞こう!ということで、在学生と卒業生に、お話を伺いました。在学生3名からは、「学校生活」「インターンシップ実習」「養護実習」のそれぞれについて話をしてもらいました。また、健康科学科卒業生の田之上啓太さん(9期生・養護教諭)からは、この学科を選んだ理由、大学での学びが仕事でどのように役立つかといったお話や、現在のお仕事のやりがいについてお話をいただきました。

そのあと、養護・看護実習室の設備を見学していただき、質疑応答コーナー(よくある質問はこちら にもまとめております!)も開催し、短い時間でしたが充実したオープンキャンパスとなりました!

次回のオープンキャンパスは5月23日(日)の予定です!教職員一同、お待ちしております。