12月19日(日)にオープンキャンパスを開催しました!

12月19日(日)にオープンキャンパスを午前と午後の二部制で開催しました。

健康科学科では、手洗い実験(午後のみ)や学科説明、ミニ講義、養護教諭として働く卒業生の話、在学生の話を実施し、大勢の高校生やその保護者の方々のご参加がありました。

学科紹介では、今年度の教員採用試験の結果をはじめとした進路状況、多様な学びや資格取得など、学科の特色を説明しました。高校時代に特にがんばってほしいこととして、国語、保健、生物の学びをあげるとともに、養護教諭の仕事についても調べておいてほしいという話もありました。

ミニ講義では、福田早苗先生による「疲労を「みる」とは?」がありました。疲労は生体アラームの1つであり、疲労を数値化する(視る)ことで診断ができ(診る)、癒す(看る)ことにつながるという説明がなされました。そして、疲労の数値化の体験として、実際に疲れてもらう課題前後の疲労レベルと脈拍数の変化を確認してもらいました。また、午後の部では自律神経測定器を用いて自律神経を指標とした疲労の数値化も体験してもらいました。

ミニ講義の様子

京都府で養護教諭として働いて3年目になる卒業生からの話では、進路として健康科学科を選んだ理由、健康科学科での学びが今どのように役立っているか、養護教諭としての仕事内容、養護教諭のやりがいと苦労、コロナ禍での対応について説明がありました。また、大学での学びを通して色々な職種を知ることは自身の進路選択や養護教諭の仕事の際の保護者対応で役立つこと、養護教諭になれなかった時はどうするかということも考えること、大学は最先端の学びができるところなので勉強できる時にしっかりすること、といったメッセージも伝えてくれました。

養護教諭になるまでの努力した話もしてくれました

在学生からの話では、午前の部は学生寮(女子寮)についてと実習(特に養護実習)についての説明、午後の部は進路として健康科学科を選んだ理由と実習(特に養護実習)についての説明がありました。