【授業紹介】看護技術Ⅰ

在学生有志のあつまり、KKS(Kenko Kagakuka Supporter)が健康科学科での授業や実習について紹介します!


〈健康科学科2回生〉

2回生春学期で履修する看護技術Ⅰという授業について紹介します。

私が1回生の時間割(2020年度)では、座学が中心で、実技を学ぶ授業はほとんどありませんでした。したがって、この看護技術Ⅰの授業は、健康科学科に入学して初めて行う「実技の授業」の一つです。養護教諭の免許を取得するためには必修の科目であり、いくつかの基本的な看護技術の紹介や習得、その技術の生かし方などを学びます。
授業で学んだ実技の内容については、三角巾や包帯法、ベッドメーキング、血圧測定、罨法などです。この記事では、その中の、三角巾と包帯法について紹介します。

まず、三角巾についてです。三角巾とは、傷の大きさに応じて使用でき、広範囲の傷や関節を包帯し、手や腕を吊るのに適している、「三角形の布」です。三角巾の使用法を知っていると、三角巾そのものが手元にない災害時などでも、ふろしき・スカーフ・シーツなどを応用することができます。
三角巾による包帯法はたくさんありますが、代表して二つご紹介します。それは「鎖骨固定」と「提肘固定」です。その中でも、腕や関節を骨折した時などに使われることが多い「提肘固定」について紹介します。けがをしていない方の背面で三角巾の両端を結び、前腕を固定する方法です。完成形の「鎖骨固定」がこちらです↓

次に、包帯法についてです。包帯法とは、けがをした際に、患部の保護や固定、圧迫などを目的として実施される処置のひとつです。授業では、怪我をした時に保護をする場合によく使われる包帯を使用し、2人1組のペアになり、1人が養護教諭役、1人が怪我をした生徒役となり、お互いに交代しながら取り組みました。
包帯法には主に6つの方法があり、環行帯・らせん帯・蛇行帯・折転帯・麦穂帯・亀甲帯があります。その中でも、ここでは、「らせん帯」と「折転帯」について紹介します。
らせん帯は、包帯の一部を重ねながららせん状に巻く方法です。完成形の「らせん帯)」がこちらです↓

そして、折転帯は、折り返してななめに重ねながら巻く方法です。
完成形の折転帯がこちらです↓

三角巾や包帯法をはじめとして、看護技術Ⅰでは、基礎的なことから応用的なことまで幅広く学ぶことができたので、将来養護教諭として働く時に必ず役に立つと感じました。

担当の森口由佳子先生は、看護師免許を取得しており、現場の経験を活かした技術を実習の時に私たちに教えてくださります。そして、何かあればすぐに気づいてくださり、相談に乗ってくださる優しい先生です。