ホーム » 学生による学科の学び紹介 » 【授業紹介】看護臨床実習(病院実習)について

【授業紹介】看護臨床実習(病院実習)について

<健康科学科3回生> ※2020年8月23日のオープンキャンパス時にリモート出演して紹介してくれました。

養護教諭になるためには、小学校などに行く養護実習3週間の前に、病院に2週間の実習に行く必要があります。私は、5人のメンバーで、2回生の3月に、病院に実習に行きました。病院実習では、患者さんとの対話とベッドメイキングを担当したほか、外来や小児科などを毎日見学させてもらいました。病院での感染症対策のあり方や患者さんとの対応の仕方など、養護教諭を目指すにあたって、大変勉強になりました。

病院に入院している患者さんは、心身にダメージを負っていることが多く、ネガティブな発言をしがちとなりますが、相手を否定することなく、共感して話を聞くことが必要だと思います。学校現場でも、保健室に来る子どもたちは色々な悩みを抱えていることが多く、やはり共感して話を聞く必要があります。このように、病院での実習は、養護教諭となるのにとても有意義な実習だと思います。

この夏休みは、養護実習に向けて準備をしています。実習先の小学校では、4月に健康診断ができなかったので、9月に健康診断をすることになっています。感染症対策をしながらの健康診断のあり方など、多くのことを積極的に学びたいです。