入学前教育(第1日程)を実施しました!

関西福祉科学大学では入学予定者を対象に入学前教育を実施しています。12/1(土)に第1日程の入学前教育が実施されました。

健康・栄養・教育学科合同による共通課題の説明の後、学科に分かれて学修を行いました。健康科学科では62名の入学予定者が参加しました。

山内教授による高等学校までの学習と大学での学修の違い等についての講義の後、5名1組のグループに分かれてグループワークを行いました。
グループワークでは、まずはメンバーの共通点探しを通じて自己紹介を行いました。参加者同士初対面でしたが、共通点を発見できて少し距離が縮まったようです。

その後、情報カードを使ったワークを行いました。自分の持っている情報を正しく伝え、他のメンバーの持っている情報を正しく理解し、それらの情報をもとに論理的に考えて課題を解決する。メンバー全員が力を合わせて課題に取り組みました。ワークを通じて、チームで課題を解決するときに鍵となるコミュニケーションの重要性を実感できたのではないでしょうか。

終了後には参加者同士で連絡先を交換し合う姿も見られ、だいぶ仲良くなったようでした。同じ目標を目指して歩み始めた皆さん。次回2/2(土)の第2日程でお会いしましょう!(宿題も忘れずに!)

健康行動評価・測定実習が始まりました

今年度より学科の特徴の1つである「健康を数値化する(見る)」を学ぶ授業がスタートしました。近年、健康を測定する機器や手法が開発され、「健康を数値化する」ことができるようになってきており、職場等での健康評価に活用されつつあります。

11月12日・19日には、ストレスについて学びストレスが負荷されると体にどのような反応が起こるかと自分自身で感じるストレスを測定し、両者の違いを学びました。授業では、労働現場で必要な法律、産業医の先生による健康評価の実際について学ぶとともに、企業での測定実習も実施する予定です。

インターンシップ科目で内部報告会を開催しました!

健康科学科では、就職支援やキャリア形成のひとつとして、2011年度からインターンシップへの参加を強く推奨しています。2016年度からは「インターンシップ科目」として正課科目となり、3年目を迎えます。

今年度は2年生13名・3年生7名の計20名が、大学コンソーシアム大阪主催のプログラム、堺・南大阪地域インターンシップ推進協議会主催のプログラム、健康科学科独自のインターンシップに参加しました。

11月7日(水)、11月14日(水)の2回に分けて、計15組により授業内での報告会が実施されました。報告会では、インターンシップでの目標と達成度合い、自分自身が感じた成長や、自分にとって必要なものについての気づき、これからの大学生活への意気込みについての報告がありました。

報告会には、学科教員、関係部署の職員、インターンシップ先でお世話になった担当の方にも参加頂きました。大勢の前での発表の機会と実習の振り返りは、学生にとってとても良い刺激となりました。

2019年度養護教諭正式採用合格者速報! その1

10月19日(金)、大阪府・市の教員採用試験合格者の発表がありました。健康科学科4年生(2019年3月卒業予定者)の養護教諭の合格者速報をお知らせします。 平成31(2019)年度採用試験においては、1次合格者はのべ20名(辞退者3名)で、最終8名が合格いたしました。
都道府県・市 1次合格者 (辞退者) 最終合格者
大阪市 10   5
堺市 2   0
豊能地区 1   0
兵庫県 1   1
和歌山県 1   1
高知県 3 2 0
鳥取県 1 1 0
北海道 1   1
20 3 8
養護教諭の正式採用は、年々募集人数が減少し狭き門となっている都道府県・市もある中、健康科学科では、学科創設以来、コンスタントに合格者を輩出しています。 卒業生も合わせた数については、随時お知らせします。

インターンシップ実習に行ってきました!

2,3年生21名が「インターンシップ科目」の実習に行ってきました。実習で得られた貴重な経験を抜粋して紹介します。

※本学のインターンシップについては(独)日本学生支援機構のコチラのサイトにも詳細が掲載されています。

【2年生Aさん(実習先:健康診断・労働衛生関連)】

養護教諭や衛生管理者として多くの人を対象に健康・安全に対する取り組みや健康の保持増進について行なっている専門職を目指すにあたり、今回のインターシップでは非常に内容の濃い、充実した内容を学ばせていただいた。
働く人のより良い健康づくりや健康を保つための取り組み、有害物質を取り扱う労働者のための教育、喫煙や飲酒の健康教育など、様々な取り組み内容を見学することができ、非常に貴重な経験ができたと思う。
インターンシップで学ぶことができた健康・安全に対する実際の取り組み方、指導方法を参考に、今後専門的な立場を目指すにあたって一人でも多くの人の心身の健康増進に努めていきたいと改めて感じた。

【2年生Bさん(実習先:復職支援プログラム関連)】

インターンシップを通して、感じたことが三つある。
一つ目は、働くことの意味である。参加前は、働くことはお金を稼ぐこと、マナーを身につけるものだと考えていた。しかし、働くことで他の人の役に立っている、働いてくれているからこそ物を買ったり、サービスを受けることができると気付くことができた。
二つ目は、コミュニケーション能力と報告・連絡・相談の重要性である。働くには沢山の人との連携が必要となる。コミュニケーション、報告・連絡・相談を疎かになることで物事がうまく進まなかったり、ミスに繋がることを実感した。
三つ目は、計画性である。計画を立て、業務を処理していたが、予定していた時間に業務を行うことができない時があり、最終日に一部の業務を終了することができなかった。アクシデントを想定し、対策などを考え、行動に移すことの大切さを学んだ。
インターンシップで学んだこと、自身に足りなかったものを身に着け、今後の学生生活や卒業後に繋げていきたいと考える。

インターンシップ事前指導の様子:エントリーシートの書き方演習

インターンシップ事前指導の様子:エントリーシートの書き方演習

インターンシップ事前指導の様子:エントリーシートの書き方演習

インターンシップ事前指導の様子:実習先へのお礼状の書き方演習

実習先での一コマ(復職支援プログラムでの納涼祭)

秋学期 授業開始!

今日から秋学期の授業が始まりました。

1年生→大学生になって初めての成績表を見て一喜一憂していることでしょう!

2年生→次年度の学外実習に行くための先修条件を満たせるか気になるところでしょう!

3年生→夏休み中の養護実習を経験し、目標がより明確になり、自分に足りないところ、さらに伸ばしたいところが具体的に意識できたことと思います。

4年生→大学での学びを締めくくる卒業論文の締め切りまであと2か月!

それぞれ、目的意識をもって確実に学修に取り組むことを期待しています。
学科スタッフ一同、皆さんの学びをしっかりとサポートしていきます。

9月2日にオープンキャンパスを開催しました!

【学科紹介】治部教授が健康科学科の学科紹介をしました。健康科学科の進路状況をはじめ、実習やインターンシップなど、学科の特色が説明され、高校生・保護者の皆さんは熱心に聞いておられました。

学科紹介の様子

【ミニ講義】この日のミニ講義は福田教授による 「音を測定しよう」でした。学校や職場の環境を快適にするには空気・音・照明・温度・水質等の環境も大切という話の後に、「騒音」とは何かという話、どれぐらいの音だと「先生の話が聞こえなくて困る」か等についての話をしました。そして、実際に授業で使用している騒音計を使用して教室の環境を測定してみました。少しおしゃべりすることで騒音計の値が変わる様子に驚かれたようでした。

ミニ講義の様子

【在学生の話を聞こうコーナー】午後からは公募推薦入試の対策や学びステーションが開催されるので、学科での行事は午前のみで、在学生の話も午前中に行いました。実習のこと、ボランティア活動、インターンシップ科目についての説明や、一人暮らしでの生活の様子などの紹介がありました

次回は12月22日(日)に開催します。
学科行事も9月同様に行われますので是非お越しください!
スタッフ一同、心よりお待ちしています\(^o^)/

サイトのデザインを一新しました

各情報を見やすくするためにサイトのデザインを一新しました。

9/2(日)オープンキャンパス開催!

9/2(日)にオープンキャンパスを開催します。
健康科学科コーナーに是非お越し下さい!
皆さまのお越しを教職員・学生スタッフ一同でお待ちしています。

9/2(日)の健康科学科でのスケジュール

10:40頃 ご挨拶
10:45頃 学科紹介
11:15頃 ミニ講義:福田教授
「音を測定しよう」
身近な騒音の測定を行い、様々な音の強さを体験しよう。
※講義終了後に受講証を配付します
11:50頃 在学生・卒業生の話、個別相談
12:15頃 ランチ  ※保護者の皆さんもご一緒に
9/2(日)の学科イベントは午前のみです。
午後からは「学びステーション」にて個別相談に応じます。

★大学全体のイベント、大学へのアクセスなどの情報は、下のページをご覧ください。★

http://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/nyushi/opencampus/index.html

8/26(日)オープンキャンパスレポート

8月26日にオープンキャンパスを開催しました!

【学科紹介】水鳥教授が健康科学科の学科紹介をしました。健康科学科の進路状況をはじめ、実習やインターンシップなど、学科の特色が説明され、高校生・保護者の皆さんは熱心に聞いておられました。

学科紹介の様子

【ミニ講義】この日のミニ講義のテーマは、長見教授による「子どものストレスマネジメント」でした。そして、今回は夏休み特別企画として、本学大学院を修了された先輩から、「ストレス」とはどういうものか、ストレスの対処方法、前向き思考の大切さなど、教育においても心理学的な知識が大切であることをご説明いただきました。本学科でも、新しい心理職の国家資格である公認心理師に対応したカリキュラム(人数制限あり)が展開されており、お越しになられた方々もたいへん関心を持たれたご様子でした。

ミニ講義の様子

【卒業生の話を聞こうコーナー】本学科の卒業生が、大学での学びが現在の仕事に役立っていること、養護教諭としての仕事のやりがいについて話してくれました。卒業生からは、次のようなメッセージがありました。大学での授業、ボランティア活動、サークル活動、インターンシップ科目についての説明や、寮での生活の様子などの紹介がありました。

<卒業生からのメッセージ>
「大学に合格する」「夢を叶える」と諦めずに、強い気持ちをもって焦らずに勉強すればきっと合格できます。大学に入ってから夢が変わってもOK!卒業して違う仕事についてから養護教諭に転職した友達もいます。その時は大学の仲間が助けてくますよ♪ 関西福祉科学大学で夢を叶えましょう!応援しています。(2009年3月卒業、 大阪市で養護教諭として勤務)

卒業生の話の様子

【在学生の話を聞こうコーナー】大学での授業、ボランティア活動、サークル活動、インターンシップ科目についての説明や、寮での生活の様子などの紹介がありました。

【ミニ保健室】高校生や保護者の方々は楽しんで参加されていました(スタンプラリーも実施!)。保健室で実際に使われている器具等を体験したり、クイズに回答したりしながら、保健室についての理解が深まったご様子でした。

ミニ保健室の様子

【個別相談コーナー】高校生やその保護者が本学の教員や在学生、卒業生に熱心に質問していました。

次回は9月2日(日)に開催します。
スタッフ一同、心よりお待ちしています\(^o^)/