ホーム » 教員採用試験関連 » 教採合格者

教採合格者」カテゴリーアーカイブ

平成31(2019)年度養護教諭 正式採用合格者について(2/20更新)

平成31(2019)年度教員採用試験(養護教諭)では、1月末現在、あわせて32名(のべ人数)が合格しました。

養護教諭の正式採用は、都道府県・市によっては年々募集人数が減少し、狭き門となっています。

健康科学科では、「養護教諭採用試験対策委員会」を中心として教員採用試験合格を目指す在学生・卒業生にサポートを行っています。

また、養護教諭を目指す学生の皆さんによる自主的な勉強サークルで、同じ夢を持った学生が切磋琢磨して採用試験対策に励んでおり、毎年コンスタントに全国各地に教員採用試験合格者を輩出しています。

その数は350名を越え、養護実習先の養護教諭が先輩だった、自治体の新任研修で挨拶した隣の人が先輩だった、というケースも増えてきています。

今年度は、近畿圏を中心に、北は北海道から、南は沖縄県まで合格者が出ました。

平成31(2019)年度教員採用試験(養護教諭)合格者数
のべ32名(4年生8名、卒業生24名)平成30年11月30日現在の合格者数
*最終合格者数及び最終倍率は各教育委員会公表値
本学4年生 本学卒業生 最終合格者数* 最終倍率*
大阪府 4 25人 16.4倍
大阪市 5 6 50人 5.4倍(小中高)
東大阪市 1 1人(+補欠2人) 10.0倍(3.0倍)
(*H30実績)
兵庫県 1 30人 10.8倍
神戸市 1 23人 5.7倍
奈良県 2 10人 109倍
和歌山県 1 1 18人 4.7倍
愛知県 1 41人(小中)

11人(県立学校)

8.8倍

8.5倍

三重県 1 20人 9.7倍
福井県 1 19人 2.7倍
鳥取県 1 13人 4.2倍
福岡県 1 32人 7.8倍
沖縄県 2 12人 16.2倍
千葉県 1 41人 8.1倍
東京都 1 115人 6.3倍
北海道 1 156人 2.0倍(*H30実績)
合計 8 24

☆データを更新しました(2/20)

合格者の声はこちら。
https://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/directlink/goukaku.html

健康科学科では、「こころのケアに強い養護教諭」、「働く人の健康を守ることの出来る人材」を養成しており、養護教諭第一種免許状のみならず、第一種衛生管理者(国家資格)、公認心理師(国家資格)や健康心理士(認定資格)など、複数の資格取得も可能なカリキュラムを用意しております。

健康科学科の学びはこちら。
https://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/faculty/health/index.html

2019年度教員採用試験・合格体験記(現役合格者)

【大阪市合格】

私は、地元の京都府と養成講座を受講していた大阪市を受験しました。京都府は一次試験で不合格になりましたが、大阪市で合格を頂きました。試験の対策を本格的に始めたのは4年生にあがる直前の春休み頃です。しかし、1年生の頃から電車の通学時間を利用し、専門の勉強を軽くしており、2年生から東京アカデミーの講座を受講していました。3年生の時に受ける自治体の試験内容や日程、傾向などを調べ、勉強の計画を始めました。

京都府は一次試験で一般・専門・小論文・面接があり、大阪市は二次試験(専門・面接・場面指導)からであったこと、保健の免許取得のための教育実習もあったことから、まずは苦手な一般の勉強を始めました。私は、どちらかといえば面接系の試験は得意で、専門分野も授業で学習して覚えることも多かったため、6月までは一般に重点を置いていました。

面接の対策は、試験までの期間外部講師による講義のみ集中して行い、勉強の合間に友達と自己アピールを考え、話す練習をしていました。京都府の一次試験が終わった日から、大阪市に向けて専門を引き続き過去問中心に行い、同時に面接・場面指導の対策を本格的に始めました。場面指導は、試験が9月ということもあり、夏休みに友達と集まり練習し、いろいろな意見を聞くため、複数の先生に頼み指導してもらいました。

私は高校生の頃から筆記テストが苦手で、面接などの対人テストは得意だったため、こういった進め方をしましたが、苦手な筆記を1年生や2年生の時から勉強していれば、もっと面接練習もでき、京都府も一次試験で落ちることはなかったと思います。苦手なもの、得意なもの、まずはそれを見分けた上で、自分が何から勉強すべきか、受けたい自治体の試験概要をよく調べて計画していくことが、対策において重要になると思います。全員で受かるくらいの気持ちで、いろいろな人の意見や視点を参考に、頑張ってください。


【大阪市合格】

私は4月ごろから勉強を始めました。私は多くのことを一緒にできないタイプのため、バイトは長期で休みをもらい、ボランティアも2、3ヶ月休みをもらいました。

筆記は、友達と学校に集まり、各自自分の勉強をしつつ、分からないところをみんなで話したり、休憩したりして、頑張りました。勉強内容は、主に東アカの問題集を何回かしました。私は大阪市だけでなく他の県も受けていたので、その県が一次の筆記の前に面接があるため、早くから面接練習は友達と一緒にしていました。大阪市の面接が近くなると、養成講座組で集まり、多くの先生に見てもらい、たくさんのご指導をしていただきました。

大阪市の面接が昼からだったため、その日の朝も学校に集まり、練習をしてからみんなで試験会場に向かいました。試験日が近くなると、とても緊張しましたが、みんなでワイワイ楽しく練習できたので、頑張れることができました。

(さらに…)

2019年度養護教諭正式採用合格者速報! その1

10月19日(金)、大阪府・市の教員採用試験合格者の発表がありました。健康科学科4年生(2019年3月卒業予定者)の養護教諭の合格者速報をお知らせします。 平成31(2019)年度採用試験においては、1次合格者はのべ20名(辞退者3名)で、最終8名が合格いたしました。
都道府県・市 1次合格者 (辞退者) 最終合格者
大阪市 10   5
堺市 2   0
豊能地区 1   0
兵庫県 1   1
和歌山県 1   1
高知県 3 2 0
鳥取県 1 1 0
北海道 1   1
20 3 8
養護教諭の正式採用は、年々募集人数が減少し狭き門となっている都道府県・市もある中、健康科学科では、学科創設以来、コンスタントに合格者を輩出しています。 卒業生も合わせた数については、随時お知らせします。

平成30年度 教員採用試験結果(養護教諭等・公立)

平成30年度 教員採用試験(養護教諭等)の結果が出ました。
今年度も健康科学科の4年生・卒業生がそれぞれの努力を実らせ、あわせて33名が合格できました。
本学(健康科学科)では、「養護教諭採用試験対策委員会」を中心として、教員採用試験合格を目指す在学生・卒業生にサポートを行うとともに、養護教諭をめざす学生のみなさんによる自主的な勉強サークルで、同じ夢をもった学生が切磋琢磨して採用試験対策に励んでおり、毎年、全国各地に教員採用試験合格者を輩出し、その数は320名を超えました。

結果速報 平成30年度教員採用試験(養護教諭等)

合格者数

33名(4年生19名、卒業生14名)※平成30年2月2日現在の合格者数

平成30年度 教員採用試験(養護教諭)合格者数
現役(4年生)合格者数 19名 (実人数15名)
卒業生合格者数 14名 (実人数14名)
合計 33名 (実人数29名)

合格者の内訳(人数)

【4年生】東京都(4うち任期付3)、大阪市(4)、和歌山県(2)、三重県(2)、兵庫県(1)、堺市(1)、京都市(特別支援1)、広島県(1)、高知県(1)、鹿児島県(1)、北海道(1)

【卒業生】 大阪府(4)、大阪市(3うち幼稚園1)、和歌山県(2)、東京都(2)、奈良県(1)、神戸市(1)、香川県(1)

合格者の状況(平成30年度)

合格者のうち、本学出身者が以下の通り含まれています。
大阪市小・中・高20名中、本学出身者6名(30%)
和歌山県24名中、本学出身者4名(17%)