OCレポート」カテゴリーアーカイブ

8/23,9/6オープンキャンパスレポート

8/23(日)・9/6(日)オープンキャンパスを開催しました。

今年度は、コロナ禍において、webでのオープンキャンパスが続いておりましたが、8/23(日)、9/6(日)に、完全予約制にて、感染症対策を取りながら、対面でのオープンキャンパスを実施することができました。

健康科学科では、開始前に「手洗いの効果を見る実験」を行い、普段の手洗いだと、どのくらいの汚れが残っているのかを確認してもらいました。その後、学科紹介、在学生の話、ポテンシャル発見プログラム2nd、ワーク「他者を支援する方法」(9/6のみ)、香り玉体験、個別相談、保健室見学を適宜体験してもらいました。

 

学科紹介の様子

ワークでは、教育心理学の「他者を支援する方法」を体験してもらいました。「思いやり」、「思いやりのある行動」とは具体的にどんな行動なのか、考えてみました。参加した方には、学問というのが日常生活に役立つものだということを体験してもらえたと思います。

学科コーナーへの入口

「在学生の話」は、大学3回生の2人にリモートで出演してもらいました。2人とも、養護実習のため、実家に戻って、実習の準備や採用試験の勉強などをしています。看護臨床実習やインターンシップでの経験、そこでの学びをこれからどう活かしたいかなどについて、話をしてくれました。

在学生の話

ポテンシャル発見プログラムでは、8/23に1stプログラムを、9/6には2ndプログラムを体験してもらいました。このプログラムは、なりたい自分を目指して、「あなたの可能性=ポテンシャル」に注目して育成し、その後の入試で評価する本学独自のものです。プログラムを受けた後は、「あなたの強み」、「大学でやりたいこと」、「あなたの将来像」がより明確になっているはずです。

ポテンシャル発見プログラムの様子

 

●在学生の話~インターンシップについて(3回生) はコチラ

●在学生の話~看護臨床実習(病院実習)について(3回生) はコチラ

●ポテンシャル発見プログラムはコチラ

●合格者からの後輩へのメッセージはコチラ

12/21(土)オープンキャンパスレポート

12/21(土)にオープンキャンパスを開催しました。健康科学科では、大学3号館4階の養護・看護実習室で、学科の説明やミニ講義を実施しました。高校生やその保護者が参加され、大変熱心に聞き入っておられました。

松村准教授の健康科学科の学科紹介では、昨年度卒業生の進路状況をはじめ、取得できる資格、実習やインターンシップなど、学科の学びの特色を説明しました。

学科紹介の様子
学科紹介の様子

続いて、福田教授によるミニ講義「香りの効果を知ろう」では、香りの効果を通して学習意欲を高めたり、リフレッシュできるなど、科学的な根拠のもと考えることができた様子でした。参加者の皆さまも、香り当てクイズや自分の好きな香り玉作りなど、楽しめたのではないでしょうか。

ミニ講義の様子
ミニ講義の様子

「在学生の話」では、大学での授業、看護臨床実習での経験や養護実習に向けた準備、インターンシップでの学び、ボランティア活動、サークル活動、寮生活についての話がありました。

次回3/22(日)のオープンキャンパスのミニ講義は、松中久美子准教授による「視覚障がいとは~いろいろな見え方を体験してみよう」です。午後からは学科の学びを体験できる「ミニ保健室」も実施します。たくさんの皆さまのお越しをお待ちしております。

また、3/22(日)には、オープンキャンパスと同時開催で、独立行政法人日本学術振興会が科学研究費助成事業による研究成果の社会還元・普及事業の一環として、「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI」のプログラム「健康をみる・まもる・つくるを学ぼう」を実施します。

「健康をみる・まもる・つくるを学ぼう」(ひらめき☆ときめきサイエンス)のお知らせはコチラ
https://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/topics/2019/d19097.html

8/10(土)、25(日)オープンキャンパスレポート

8月は、8/10(土)と8/25(日)に2回、オープンキャンパスを開催しました。

健康科学科では、学科説明やミニ講義、ミニ保健室を実施し、大勢の高校生やその保護者の方々のご参加がありました。
それぞれ、学科紹介では、進路状況をはじめ、実習やインターンシップなど、学科の特色を説明しました。

学科紹介の様子(8/10)
学科紹介の様子(8/25)

8/10の野口法子准教授によるミニ講義「養護教諭の行う悩み相談って?part2」では、健室での相談の事例を通して、対応の仕方を一緒に考えました。8/25の長見まき子教授によるミニ講義「リラクゼーションーエクササイズでリラックス体験」では、実際に音楽を聴いたり、フレグランスを嗅いだりすることで、リラクゼーションの効果を体験しました。

ミニ講義の様子(8/10)
ミニ講義の様子(8/25)

「在学生の話」では、高校と大学の違い、大学での授業、授業の空きコマの過ごし方、看護臨床実習での経験や養護実習に向けた準備、ボランティア活動、サークル活動についての話がありました。

在学生の話(8/10)
在学生の話(8/25)

「活躍する先輩の話を聞こう」のコーナーでは、本学科の卒業生から養護教諭の役割や活動について話があり、年間行事とともに健康診断や修学旅行の引率での児童の健康管理、夏休みを活用し他職種とともに勉強会の開催など具体的な役割や活動の話があった他、本学を選んだ理由だけでなく、どのようなことが養護教諭にとって大切かなどについて、また、健康診断関係の企業に就職した先輩からは、本学を選んだ理由や就職先での具体的な体験などについての話がありました。

卒業生の話(8/10)
卒業生の話(8/25)
卒業生の話(8/25)

以下、卒業生の話を紹介します。

  • 私がなぜ現役で養護教諭できたのか…それは正直なところ「運」が良かったんです。けれどその運は与えられた運ではなく、自分の力で引き寄せたものです。私は大学4年間で出来ることを全部してきました。アルバイトやボランティアも、インターンシップも、希望者だけが取得する中高「保健」の免許の取得も、自分の将来の糧になるだろうと思うことを全てチャレンジしました。全てに取り組むことはやはり大変でした。けれどその多くの経験は、自分の自信に繋がったのでその自信が、教員採用試験での自分の武器になりました。
    これから養護教諭を目指す皆さんも、多くの時間がある大学生活では、できる限り様々なことにチャレンジして貰いたいと思います。そのチャレンジした経験は、絶対自分の力になります。そしてこの大学には、自分のチャレンジを応援してくれる先生方がいます。共に支え合える仲間たちに出会えます。養護教諭として働きだしてからも、その責任の重さに押しつぶされそうになる事もありましたが、相談に乗ってくれる大学時代の友達、そして笑顔で「先生!」と呼んでくれる子どもたちがいるおかげで、私は仕事と向き合うことが出来ています。

    目指すまでの道のりは険しいですが、乗り越えた先に手にするやり甲斐や感動は他ではなかなか経験出来ないと思います。いつか皆さんと養護教諭としてお会いできる日が来たら嬉しく思います。(13期生・大阪市で養護教諭として勤務)
  • 私が、関西福祉科学大学に入って良かったなと思っている理由は、大きく2つあります。
    1つ目は、実践的なことを学べたこと。養護教諭の仕事は保健室に来た子どもの話を聞く、怪我をした子どもに救急処置をするだけではなく、保健指導やほけんだよりの発行など、様々なことが求められます。そのときに、保健室でどんなふうに子どもの話しを聞けば良いのか、救急処置も出来ない、分からないでは働くことができません。そんなことがないように在学中に養護教諭として働く上で必要な実践的なことがたくさん学べました。
    2つ目は、卒業生の縦・横の繋がりが大きいこと。現在は、大阪市立の小学校で、複数配置で勤務していますが、一緒に働いている同僚が後輩だったり、同じ区内にも関西福祉科学大学出身の後輩がいます。同級生もたくさんいます。養護教諭は少数職種です。困ったときにすぐに聞ける人が身近にいることが大きな支えになります。それだけ、多くの卒業生が現場で活躍しているのは関西福祉科学大学の大きな魅力だと感じています。
    養護教諭の仕事はやりがいがあり、一生続けていきたいと思っています。皆さんが、関西福祉科学大学を卒業し、共に働くことができる日を楽しみにしています。(9期生、大阪市で養護教諭として勤務)
  • 健康科学科では健康に関する知識や技術について幅広く学ぶことが出来ます。私自身もこの健康科学科で学べて良かったと思っています。ぜひ、皆さんも多くのことを経験して、幅広い健康の専門家になってください。(13期生、健康診断関係の企業に勤務)

8/25の午後は、自律神経測定やトルソー模型、血圧測定、個別相談など、ミニ保健室を開催しました。

体組成計や個別相談の様子(8/25)
体組成計や個別相談の様子(8/25)

両日とも午後からは、本年度から始まったポテンシャル発見入試の2ndプログラムが実施され、志望者の方は熱心に課題に取り組んでおられました。


次回のオープンキャンパスは12/21(土)です。午前に学科説明とミニ講義があり、午後からは全体のイベントとして、一般入試対策講座と学びステーションが開催されます。健康科学科のミニ講義は、福田早苗教授による「香りの効果を知ろう」です。いくつかの香りを試し、その効果を実感してみてください。皆さまのご参加を教職員一同、お待ちしております。

7/27(土)、28(日)オープンキャンパスレポート

7月27日(土)と7月28日(日)の両日にオープンキャンパスを開催しました。

両日とも、最初に、健康科学科の学科紹介を行い、進路状況をはじめ、実習やインターンシップなど、学科の特色を説明しました。ミニ講義では、野口准教授による「養護教諭が行う悩み相談って?」では、子どもの発達段階に応じた健康教育の大切さについての講義があり(7/27)、斉藤ふくみ教授による「ザ保健室!」では、保健室での相談の事例を通して、実際の保健室での相談への対応などを考えることができました(7/28)。

学科紹介の様子(7/27)
ミニ講義の様子(7/27)
学科紹介の様子(7/28)
ミニ講義の様子(7/28)

「先輩の話を聞こう」コーナーでは、実際に養護教諭として活躍している卒業生が、現在の勤務状況、なぜ本学を志望したのか、どのような大学生活を送ったのか、在学中の勉強方法、本学での学びが現在の仕事に役立っていることなどについて話をしてくれました。

卒業生の話(7/27)
卒業生の話(7/28)

卒業生からは、以下のようなメッセージをもらいました。

「大学生活は、ひたすら楽しんだ4年間でした。授業はもちろん、サークルやボランティア、アルバイトと充実した4年間を過ごしました。あの時間があったから、今しっかり働くことができています。働いてみて一番大切なことは、子どもたちへの愛です。どんなにしんどいことがあっても、子どもたちの笑顔を見れば、また頑張ろうと思えます。何に対しても積極的にチャレンジすることを忘れずに、子どもたちに寄り添う養護教諭になれる大学です。高校生の皆さん、今できることを一生懸命やらせてもらえる環境を作って下さっている保護者の方への感謝を忘れずに頑張って下さい。」(大阪市の養護教諭、11期生)

「私は養護教諭として3年間勤務しています。本当に毎日充実した日々を送っています。それは、関西福祉科学大学で学んだことの下積みがあるからこそだと今は実感しています。この大学は養護教諭の専門性はもちろんのこと、看護の知識や保健教育、ストレスマネジメントについて幅広く詳しく学ぶことができます。またどの授業も実践的なので、学校現場に立って、大学で学んだことが役立たなかった…ということがありません。また大学の先生のサポート体制は、今までどの養護教諭の友達に聞いた中でも、この大学がトップクラスだと思っています。大学は自ら学び、自分のなりたい将来に近づいていく場所ですが、先生方がその学びを全力で後押ししてくれます。
養護教諭は決して簡単になれるものではありません。また学校で子どもたちの命と健康と安全を守り、手助けする大切な存在です。責任感を強く持たなければなりません。ただ責任感の大きい仕事だからこそ、やりがいと養護教諭ならではの楽しさがあります。将来、皆さんと一緒に仕事ができることを楽しみにしています!」(兵庫県の養護教諭、11期生)

午後からは「在学生の話」が行われ、本学を選んだ理由、勉強方法、具体的な授業科目、授業の空きコマの過ごし方、看護臨床実習での経験や養護実習に向けた準備、寮生活、アルバイトやボランティア活動などについて話がありました。また、「ミニ保健室体験」では、三角巾の結び方、血圧の測り方、体組成計、自律神経の測定などを体験することができ、健康科学科の学びについての理解が深まった様子でした。複数回参加された方は、前回の結果と照らし合わせてみるなど、生活習慣の見直しにつながったようです。

在学生の話(7/27)
在学生の話(7/28)
ミニ保健室の様子(血圧測定)
ミニ保健室の様子(自律神経の測定)

ミニ保健室と並行して開催されたポテンシャル発見プログラムの1stプログラムでは、参加者の皆さんが、ワーク課題やプレゼンテーション練習に真剣に取り組みました。2度目の参加の方もおられ、じっくりワークに取り組めたようです。8/10(土)・8/25(日)は、ポテンシャル発見プログラムの2ndプログラムを実施します。2ndプログラムでは、1stプログラムで明確にした強みやなりたい自分を、「自分の強みをどう伸ばすか」と言う視点で、プレゼンテーションの練習をしてみます。1stプログラムに参加された方なら、他の入試を検討している方も大歓迎です!参加を希望する方は、午前の全体プログラムからご参加下さい。

★ポテンシャル発見入試について詳しく知りたい方はコチラ。
https://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/nyushi/nyugaku/potential.html

また、教員採用試験対策講座では、二次試験対策として、個人面接、模擬授業、場面指導などの対策を行いました。実技試験への対策として、卒業生の現役養護教諭に試験官役をお願いし、「熱中症にかかった児童への対応」を実施しました。参加した学生は、養護教諭としての専門性を発揮し、児童生徒へ対応を実際にやってみるのはかなり難しいということ、実践訓練の大切さを実感したことだと思います。

教員採用試験対策講座(実技試験の練習)

今後のオープンキャンパスのミニ講義は、8/10(土)は野口法子准教授による「養護教諭が行う“悩み相談”って?」、8/25(日)は長見まき子教授による「リラクセーション~エクササイズでリラックス体験」です。また、8/10(土)は13:30より、健康科学科主催の大学公開講座「養護教諭の実践力を培うボランティア活動の成果と課題」を開催します。養護教諭の職務に関心のある方は是非ご参加下さい。

7/14(日)オープンキャンパスレポート

7月14日(日)のオープンキャンパスには、大勢の高校生やその保護者が来学されました。健康科学科では、大学3号館4階の養護・看護実習室で、学科の説明やミニ講義、ミニ保健室を実施し、大勢の高校生やその保護者が来学され、大変熱心に聞き入っておられました。

最初に、水鳥教授が健康科学科の学科紹介をし、進路状況をはじめ、実習やインターンシップなど、学科の特色を説明しました。

学科紹介の様子

長見教授によるミニ講義「人の話を聴ける人になろう」では、ロールプレイングを体験することにより、「聞く」「訊く」「聴く」の違いを学び、「聴く」ことの大切さを体験することができた様子でした。

ミニ講義の様子

「在学生の話」では、高校と大学の違い、大学での授業、授業の空きコマの過ごし方、看護臨床実習での経験や養護実習に向けた準備、ボランティア活動、サークル活動についての話がありました。

在学生の話の様子

「卒業生して活躍する先輩の話を聞こう」のコーナーでは、養護教諭の専門性を一層高めるために大学院に進学した本学科の卒業生から次のようなメッセージがありました。

大学は『やりたいことをみつけるところ、やりたいとことをやってみるところ』だと思っています。私の4年間はたくさんのことを発見して、いろんなことに挑戦した4年間でした。最初は「自分の得意なことは人の話を聞くことだから養護教諭になろう」と思いましたが、実習やボランティア等を通じてそれだけでは足りないことがよく分かりました。私の足りない力は「具体的に次につなげる力」です。私自身の中ではつなげられても、目の前にいる子どもの次につなげることができないと感じることが多々ありました。このことがきっかけで、大学院に進学して心理学についてもっと学ぼうと決めました。

大学院では学部で学んだことをより深く学ぶことができています。新しい側面に出会うこともたくさんあり、大学4年間の刺激よりも強い刺激を得られているような気分になります。大学で見つけてやってきたことを、より具体的に深く考える時間が多くなりました。その経験を糧に養護教諭の仕事につなげていきたいと思います。

大学生活は長いようで本当に一瞬でした。そのように感じられるのも自分の気持ちを大事に過ごしたからなのではないかと思います。学生生活の主役は自分自身です。ぜひみなさんの“想い”を叶うように応援しています!頑張ってください!!(13期生、大学院生)

卒業生の話の様子

午後からの「ミニ保健室体験」では、三角巾の結び方、血圧の測り方、体組成計、自律神経の測定などを体験することができ、健康科学科の学びについての理解が深まった様子でした。

ミニ保健室の様子
ミニ保健室の様子
ミニ保健室の様子
ミニ保健室の様子

ミニ保健室と並行して開催されたポテンシャル発見プログラムの1stプログラムでは、参加者の皆さんが、ワーク課題やプレゼンテーション練習に真剣に取り組みました。
次回7/27(土)・28(日)もポテンシャル発見プログラムの1stプログラムを実施します。あなたの強みを発見するワークに一緒に取り組みませんか。他の入試を検討されている方、もう一度参加したい方も大歓迎です。

次回のオープンキャンパスのミニ講義は、7/27(土)は野口法子准教授による「養護教諭が行う“悩み相談”って」、7/28(日)は斉藤ふくみ教授による「ザ保健室!」です。また、オープンキャンパスの際には教員採用試験対策講座も実施しています。養護教諭の正式採用を目指す在学生・卒業生が集まり、旧交を温め、お互い切磋琢磨する場としています。

たくさんの皆さんのお越しをお待ちしております。