ホーム » teacher の投稿

作者アーカイブ: teacher

8/10(土)、25(日)オープンキャンパスレポート

8月は、8/10(土)と8/25(日)に2回、オープンキャンパスを開催しました。

健康科学科では、学科説明やミニ講義、ミニ保健室を実施し、大勢の高校生やその保護者の方々のご参加がありました。
それぞれ、学科紹介では、進路状況をはじめ、実習やインターンシップなど、学科の特色を説明しました。

学科紹介の様子(8/10)
学科紹介の様子(8/25)

8/10の野口法子准教授によるミニ講義「養護教諭の行う悩み相談って?part2」では、健室での相談の事例を通して、対応の仕方を一緒に考えました。8/25の長見まき子教授によるミニ講義「リラクゼーションーエクササイズでリラックス体験」では、実際に音楽を聴いたり、フレグランスを嗅いだりすることで、リラクゼーションの効果を体験しました。

ミニ講義の様子(8/10)
ミニ講義の様子(8/25)

「在学生の話」では、高校と大学の違い、大学での授業、授業の空きコマの過ごし方、看護臨床実習での経験や養護実習に向けた準備、ボランティア活動、サークル活動についての話がありました。

在学生の話(8/10)
在学生の話(8/25)

「活躍する先輩の話を聞こう」のコーナーでは、本学科の卒業生から養護教諭の役割や活動について話があり、年間行事とともに健康診断や修学旅行の引率での児童の健康管理、夏休みを活用し他職種とともに勉強会の開催など具体的な役割や活動の話があった他、本学を選んだ理由だけでなく、どのようなことが養護教諭にとって大切かなどについて、また、健康診断関係の企業に就職した先輩からは、本学を選んだ理由や就職先での具体的な体験などについての話がありました。

卒業生の話(8/10)
卒業生の話(8/25)
卒業生の話(8/25)

以下、卒業生の話を紹介します。

  • 私がなぜ現役で養護教諭できたのか…それは正直なところ「運」が良かったんです。けれどその運は与えられた運ではなく、自分の力で引き寄せたものです。私は大学4年間で出来ることを全部してきました。アルバイトやボランティアも、インターンシップも、希望者だけが取得する中高「保健」の免許の取得も、自分の将来の糧になるだろうと思うことを全てチャレンジしました。全てに取り組むことはやはり大変でした。けれどその多くの経験は、自分の自信に繋がったのでその自信が、教員採用試験での自分の武器になりました。
    これから養護教諭を目指す皆さんも、多くの時間がある大学生活では、できる限り様々なことにチャレンジして貰いたいと思います。そのチャレンジした経験は、絶対自分の力になります。そしてこの大学には、自分のチャレンジを応援してくれる先生方がいます。共に支え合える仲間たちに出会えます。養護教諭として働きだしてからも、その責任の重さに押しつぶされそうになる事もありましたが、相談に乗ってくれる大学時代の友達、そして笑顔で「先生!」と呼んでくれる子どもたちがいるおかげで、私は仕事と向き合うことが出来ています。

    目指すまでの道のりは険しいですが、乗り越えた先に手にするやり甲斐や感動は他ではなかなか経験出来ないと思います。いつか皆さんと養護教諭としてお会いできる日が来たら嬉しく思います。(13期生・大阪市で養護教諭として勤務)
  • 私が、関西福祉科学大学に入って良かったなと思っている理由は、大きく2つあります。
    1つ目は、実践的なことを学べたこと。養護教諭の仕事は保健室に来た子どもの話を聞く、怪我をした子どもに救急処置をするだけではなく、保健指導やほけんだよりの発行など、様々なことが求められます。そのときに、保健室でどんなふうに子どもの話しを聞けば良いのか、救急処置も出来ない、分からないでは働くことができません。そんなことがないように在学中に養護教諭として働く上で必要な実践的なことがたくさん学べました。
    2つ目は、卒業生の縦・横の繋がりが大きいこと。現在は、大阪市立の小学校で、複数配置で勤務していますが、一緒に働いている同僚が後輩だったり、同じ区内にも関西福祉科学大学出身の後輩がいます。同級生もたくさんいます。養護教諭は少数職種です。困ったときにすぐに聞ける人が身近にいることが大きな支えになります。それだけ、多くの卒業生が現場で活躍しているのは関西福祉科学大学の大きな魅力だと感じています。
    養護教諭の仕事はやりがいがあり、一生続けていきたいと思っています。皆さんが、関西福祉科学大学を卒業し、共に働くことができる日を楽しみにしています。(9期生、大阪市で養護教諭として勤務)
  • 健康科学科では健康に関する知識や技術について幅広く学ぶことが出来ます。私自身もこの健康科学科で学べて良かったと思っています。ぜひ、皆さんも多くのことを経験して、幅広い健康の専門家になってください。(13期生、健康診断関係の企業に勤務)

8/25の午後は、自律神経測定やトルソー模型、血圧測定、個別相談など、ミニ保健室を開催しました。

体組成計や個別相談の様子(8/25)
体組成計や個別相談の様子(8/25)

両日とも午後からは、本年度から始まったポテンシャル発見入試の2ndプログラムが実施され、志望者の方は熱心に課題に取り組んでおられました。


次回のオープンキャンパスは12/21(土)です。午前に学科説明とミニ講義があり、午後からは全体のイベントとして、一般入試対策講座と学びステーションが開催されます。健康科学科のミニ講義は、福田早苗教授による「香りの効果を知ろう」です。いくつかの香りを試し、その効果を実感してみてください。皆さまのご参加を教職員一同、お待ちしております。

大学公開講座を開催しました

8月10日(土)13:30より、第17回関西福祉科学大学公開講座「養護教諭の実践力を培うボランティア活動の成果と課題」を開催しました。参加者は、学生も含め、94名の方にご参加いただきました。

健康診断ボランティアは、本学の地域連携公認プログラムとして認定いただいている事業です。この事業は、柏原市教育委員会と市内の小学校・中学校・幼稚園と本学が連携して実施しており、本年でちょうど10年目を迎えました。そこで、この事業が養護教諭の実践力育成にどのようにアプローチできているのかを振り返り、この活動の成果と課題を共有する機会としました。

シンポジストは、

  • 京都女子大学 発達教育学部 教育学科教授 大川尚子氏
  • 柏原市教育委員会 教育部 学務課長 安田典子氏
  • 柏原市教育委員会 教育部 学務課主査 金碇なぎさ氏
  • 柏原市教育委員会 教育長 新子寿一氏

の4名の方々です(登壇順)。

大川先生には、本事業のスタートに携わった養成機関側のご経験から、安田先生には、本事業をスタートされた経緯のご説明と学校現場及び大学のニーズを捉えたうえでの、成果と課題を教育委員会の視点からご提言いただきました。金碇先生には、現職養護教諭として、学生ボランティアを受け入れたご経験を踏まえて、検診における学生の活動の評価と今後の課題について養護教諭の目線から、新子先生には、豊富な教員経験、管理職経験を踏まえて、行政と学校と大学の三者が協働して養護教諭の実践力育成を図る本取組について、行政のお立場からご提言いただきました。

本事業の意義と成果については、

  1. 学校側のニーズと大学のニーズが合致したところで、事業が継続されてきた。
  2. 学校側は、学生がボランティアで活動することで、先生方が子どもを見る余裕や時間の確保につながった。
  3. 学生は、養護教諭の職務を学び、子ども理解が深まった。
  4. 学生は、本活動を通して、健康診断業務についての知識・技術の習得につながった。

今後の課題として、

  1. 学生のコミュニケ―ションの力をつけるとともに、聞くことが大切。
  2. 受け入れる養護教諭は、後輩を育成することが大切。
  3. 大学においては、本事業の単位化の検討を進める。
  4. 本事業の報告の機会を設けて、日程調整等について協議する。

等があげられました。

本事業について、教育委員会、学校、大学が一同に会して、振り返る機会をシンポジウムの形で持ったことの意義は大きく、さらに学生の養護実践力と養護教諭の実践的指導力育成の成果と今後の発展への期待を確認して、閉会としました。大学としても、養護教諭実践力の育成のプロセスを研究的に分析して、言語化(論文化)していく予定にしています。

コーディネーター:健康科学科 斉藤ふくみ


地域連携に関する内容:「https://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/chiikirenkei/

教員採用試験合格を目指して

健康科学科では、「採用試験対策委員会(養護教諭)」を中心として、教員採用試験合格を目指す在学生・卒業生にサポートを行っています。「養護教諭になりたい」という同じ夢をもった学生が切磋琢磨しながら、採用試験対策に励んでいます。

対策委員会では、学内での採用試験説明会や学生支援センター主催の講座、学科の養護教諭会・講演会での研修だけでなく、学科独自の取組みとして、年間50回以上の対策講座を開催し、エントリーシートの書き方指導、集団面接、個人面接、模擬授業、場面指導、実技試験対策などの指導を実施しています。特に面接対策では、校長経験のある参事の先生方(入試広報部所属)に、個人面接、集団面接、模擬授業などをご指導頂きました。本番さながらの雰囲気での面接練習に、緊張しすぎる学生もいましたが、採用する側の視点やどういうポイントが重視されるのかなど、とても丁寧で分かりやすく具体的なご指導を頂きました。

8月は2次試験・3次試験対策の本番です。8月は毎日、教員が対応しており、学生たちも本番を目前にして、試行錯誤しながら、練習を積み重ねています。練習すればするほど良くなっていく様子を見て、教員も指導に力が入ります。本年度も多くの合格者が出ることを期待しています。

集団討論の練習の様子
参事の先生による集団討論と個人面接の練習の様子

8/25(日)オープンキャンパス開催!

8/25(日)にオープンキャンパスを開催します。
健康科学科コーナーに是非お越し下さい!
ポテンシャル発見プログラム2ndプログラムも同時開催!

皆さまのお越しを教職員・学生スタッフ一同でお待ちしています。

健康科学科でのスケジュール

10:40頃 ご挨拶
10:45頃 学科紹介
11:15頃 ミニ講義:
8/25 長見まき子教授
「リラクセーション~エクササイズでリラックス体験」
※講義終了後に受講証を配布します
11:50頃 卒業生の話「先輩の話を聞こう」・在学生の話「学生生活あれこれ」
12:15頃 ランチ  ※保護者の皆さんもご一緒に!
13:00 在学生の話「学生生活あれこれ」 
13:20 ミニ保健室・個別相談
同時開催:ポテンシャル発見プログラム2ndプログラム(1stプログラム修了者のみ参加可能)
 学科の学びのこと、学生生活のこと、入試や面接対策のことなど、なんでもご相談ください。
※ポテンシャル発見プログラム2ndについて
1stプログラムではあなたの強みを数値化し、強みやなりたい自分を明確にしました。
2ndプログラムでは、「自分の強みをどう伸ばすか」という視点で、プレゼンテーションの練習をしてみましょう。
1stプログラムを受講された方なら、他の入試を検討している方も大歓迎!
参加を希望する方は、午前の全体説明会からご参加ください。

★大学全体のイベント、大学へのアクセスなどの情報は、下のページをご覧ください。★

http://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/nyushi/opencampus/index.html

8/10(土),8/25(日)オープンキャンパス開催!

10:40頃 ご挨拶
10:45頃 学科紹介
11:10頃 ミニ講義:
8/10 野口法子准教授
「養護教諭が行う“悩み相談”って?」
8/25 長見まき子教授
「リラクセーション~エクササイズでリラックス体験」
※講義終了後に受講証を配布します
11:45頃 在学生・卒業生の話
12:15頃 ランチ  ※保護者の皆さんもご一緒に!
13:00 在学生の話 
13:20 8/10 公開講座会場へご案内
8/25 ミニ保健室・個別相談
同時開催:ポテンシャル発見プログラム(希望者のみ)
※8/10はミニ保健室を実施しておりません。公開講座にご参加ください。
 学科の学びのこと、学生生活のこと、入試や面接対策のことなど、なんでもご相談ください。
8/10土、8/25日の2回、ポテンシャル発見プログラム2ndを実施します。
1stプログラムではあなたの強みを数値化し、強みやなりたい自分を明確に
しました。2ndプログラムでは、「自分の強みをどう伸ばすか」という視点で、プレゼンテーションの練習をしてみましょう。
1stプログラムを受講された方なら、他の入試を検討している方も大歓迎!
参加を希望する方は、午前の全体説明会からご参加ください。

★大学全体のイベント、大学へのアクセスなどの情報は、下のページをご覧ください。★

http://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/nyushi/opencampus/index.html

7/27(土)、28(日)オープンキャンパスレポート

7月27日(土)と7月28日(日)の両日にオープンキャンパスを開催しました。

両日とも、最初に、健康科学科の学科紹介を行い、進路状況をはじめ、実習やインターンシップなど、学科の特色を説明しました。ミニ講義では、野口准教授による「養護教諭が行う悩み相談って?」では、子どもの発達段階に応じた健康教育の大切さについての講義があり(7/27)、斉藤ふくみ教授による「ザ保健室!」では、保健室での相談の事例を通して、実際の保健室での相談への対応などを考えることができました(7/28)。

学科紹介の様子(7/27)
ミニ講義の様子(7/27)
学科紹介の様子(7/28)
ミニ講義の様子(7/28)

「先輩の話を聞こう」コーナーでは、実際に養護教諭として活躍している卒業生が、現在の勤務状況、なぜ本学を志望したのか、どのような大学生活を送ったのか、在学中の勉強方法、本学での学びが現在の仕事に役立っていることなどについて話をしてくれました。

卒業生の話(7/27)
卒業生の話(7/28)

卒業生からは、以下のようなメッセージをもらいました。

「大学生活は、ひたすら楽しんだ4年間でした。授業はもちろん、サークルやボランティア、アルバイトと充実した4年間を過ごしました。あの時間があったから、今しっかり働くことができています。働いてみて一番大切なことは、子どもたちへの愛です。どんなにしんどいことがあっても、子どもたちの笑顔を見れば、また頑張ろうと思えます。何に対しても積極的にチャレンジすることを忘れずに、子どもたちに寄り添う養護教諭になれる大学です。高校生の皆さん、今できることを一生懸命やらせてもらえる環境を作って下さっている保護者の方への感謝を忘れずに頑張って下さい。」(大阪市の養護教諭、11期生)

「私は養護教諭として3年間勤務しています。本当に毎日充実した日々を送っています。それは、関西福祉科学大学で学んだことの下積みがあるからこそだと今は実感しています。この大学は養護教諭の専門性はもちろんのこと、看護の知識や保健教育、ストレスマネジメントについて幅広く詳しく学ぶことができます。またどの授業も実践的なので、学校現場に立って、大学で学んだことが役立たなかった…ということがありません。また大学の先生のサポート体制は、今までどの養護教諭の友達に聞いた中でも、この大学がトップクラスだと思っています。大学は自ら学び、自分のなりたい将来に近づいていく場所ですが、先生方がその学びを全力で後押ししてくれます。
養護教諭は決して簡単になれるものではありません。また学校で子どもたちの命と健康と安全を守り、手助けする大切な存在です。責任感を強く持たなければなりません。ただ責任感の大きい仕事だからこそ、やりがいと養護教諭ならではの楽しさがあります。将来、皆さんと一緒に仕事ができることを楽しみにしています!」(兵庫県の養護教諭、11期生)

午後からは「在学生の話」が行われ、本学を選んだ理由、勉強方法、具体的な授業科目、授業の空きコマの過ごし方、看護臨床実習での経験や養護実習に向けた準備、寮生活、アルバイトやボランティア活動などについて話がありました。また、「ミニ保健室体験」では、三角巾の結び方、血圧の測り方、体組成計、自律神経の測定などを体験することができ、健康科学科の学びについての理解が深まった様子でした。複数回参加された方は、前回の結果と照らし合わせてみるなど、生活習慣の見直しにつながったようです。

在学生の話(7/27)
在学生の話(7/28)
ミニ保健室の様子(血圧測定)
ミニ保健室の様子(自律神経の測定)

ミニ保健室と並行して開催されたポテンシャル発見プログラムの1stプログラムでは、参加者の皆さんが、ワーク課題やプレゼンテーション練習に真剣に取り組みました。2度目の参加の方もおられ、じっくりワークに取り組めたようです。8/10(土)・8/25(日)は、ポテンシャル発見プログラムの2ndプログラムを実施します。2ndプログラムでは、1stプログラムで明確にした強みやなりたい自分を、「自分の強みをどう伸ばすか」と言う視点で、プレゼンテーションの練習をしてみます。1stプログラムに参加された方なら、他の入試を検討している方も大歓迎です!参加を希望する方は、午前の全体プログラムからご参加下さい。

★ポテンシャル発見入試について詳しく知りたい方はコチラ。
https://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/nyushi/nyugaku/potential.html

また、教員採用試験対策講座では、二次試験対策として、個人面接、模擬授業、場面指導などの対策を行いました。実技試験への対策として、卒業生の現役養護教諭に試験官役をお願いし、「熱中症にかかった児童への対応」を実施しました。参加した学生は、養護教諭としての専門性を発揮し、児童生徒へ対応を実際にやってみるのはかなり難しいということ、実践訓練の大切さを実感したことだと思います。

教員採用試験対策講座(実技試験の練習)

今後のオープンキャンパスのミニ講義は、8/10(土)は野口法子准教授による「養護教諭が行う“悩み相談”って?」、8/25(日)は長見まき子教授による「リラクセーション~エクササイズでリラックス体験」です。また、8/10(土)は13:30より、健康科学科主催の大学公開講座「養護教諭の実践力を培うボランティア活動の成果と課題」を開催します。養護教諭の職務に関心のある方は是非ご参加下さい。

「キャリア開発」の授業でサラヤ株式会社様による出前講座を行いました

7月2日の「キャリア開発」(3年次開講科目)の授業で、サラヤ株式会社総務人事本部 人事部人材開発課 石井一成氏による出前講座を行いました。

この講座は、大阪府と一般社団法人関西経済同友会の連携のもと、大阪府が企業と大学等の橋渡しを行い、企業経営者等が大学に赴く出前講座で、本学では昨年に続き2度目の開催となりました。

今回の講座のテーマは、「人生100年時代における転職の考え方〜主体的キャリア構築の実践〜」でした。人生100年時代にどうやってご飯を食べていくか(興味をもって働き続けるか)、will・can・mustを明確にする、「就職はチューニング」である、自分を知って相手に何を提供できるかが大事(Give before you Take)等々、石井氏ご自身の体験談を交えたお話は、これから就職活動に臨む学生の心に深く響いたようでした。質疑応答の際にも、たくさんの質問があり、石井氏は一つひとつの質問に丁寧に答えてくださいました。

“これから就職活動を始めようとする学生に、いきなり転職の話?”という疑問に思われるかもしれません。しかし、学生にはこれまでの授業の中で、目先のことにとらわれず長い人生を考慮したうえで仕事選びや働き方を考えたほうがよい、ということを繰り返し伝えてきました。今回の講座でその意味が理解できたのではないかと考えています。

講師の石井氏に深く御礼申し上げます。

「キャリア開発」担当 治部

7/27(土),28(日)オープンキャンパス開催!ポテンシャル発見プログラムも同時開催

7/27(土),28(日)の2日間にわたってオープンキャンパスを開催します。
健康科学科コーナーに是非お越し下さい!
ポテンシャル発見プログラムも同時開催!

皆さまのお越しを教職員・学生スタッフ一同でお待ちしています。

健康科学科でのスケジュール

10:35頃 ご挨拶
10:40頃 学科紹介
11:10頃 ミニ講義:
7/27 野口法子准教授「養護教諭が行う“悩み相談”って?」

7/28 斉藤ふくみ教授「ザ保健室!」
11:40頃 在学生・卒業生の話
適宜ランチ会場へ  ※保護者の皆さんもご一緒に!
13:00 在学生の話 
13:15頃 ミニ保健室体験「あなたの健康をチェックしよう」・個別相談
ポテンシャル発見プログラム(希望者のみ)
 学科の学びのこと、学生生活のこと、入試や面接対策のことなど、なんでもご相談ください。
ミニ保健室体験であなたの「健康」をチェックして見ましょう。スタンプラリーも開催中です。
6/16(終了)、7/14(終了)、7/27、7/28の4回、ミニ保健室体験と並行して、ポテンシャル発見プログラム(1st)を実施します!
あなたの強みを数値化し、強みやなりたい自分を明確にしていきましょう。
プログラム終了後、参加証を発行いたします。
受験生の方でプログラムへの参加を希望する方は、午前の全体説明会からご参加下さい。
他の入試を検討されている方でも大歓迎です。

★大学全体のイベント、大学へのアクセスなどの情報は、下のページをご覧ください。★

http://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/nyushi/opencampus/index.html

学生による授業紹介Vol.3「救急処置II」

学生による授業紹介の第3回目は、野口法子先生の「救急処置Ⅱ」の授業です。今回は、健康科学科の3年生が紹介します。

「救急処置Ⅱ」の授業では、主に学校の教育現場において、日常的な健康問題や事故等、緊急性の高い場面での適切な判断と救急処置(アセスメントや対応等)について学んでいます。

授業では、どのようなケガや疾患が多いのか、それに対して、どのように救急処置を実施するのかについて学びます。また、実際にあった事例を通して、主観的データと客観的データを収集し、どのようなことが考えられるか、それに対し、どのよう救急処置を行うのかをSOAPを使って考えたり、ロールプレイングを行ったりします。例えば、頭のかゆみを訴えている児童に対して「いつから?」「他にかゆいところはない?」などの情報を収集しながら「この場合どのように対応するか」を考えて、実施に向けて計画を立てます。実施後には先生から評価をしていただき、養護実習に向けて改善を図ります。

担当の野口法子先生は、学生に対し「なぜそのように考えたのか」という根拠を大事にされており、学生が考えていることに対して傾聴し、それに対して褒め、助言して下さる素敵な先生です。実際に養護教諭をされていたので、授業では体験談などを聞くことができます。

ある日の授業では、心臓機能停止(CPA)時に一般市民や看護師が行う一次救命処置(BLS)である心肺蘇生法(CPR)の実技を行いました。また、お題に沿ったロールプレイングを考え、発表する時もありました。グループによってお題は違いますが、メンバーと試行錯誤をしながら、発表内容や配布資料を作成します。私のグループのお題は「意識喪失」だったので、溺水での心肺停止(CPA)や頭部打撲による意識レベルの低下についてのロールプレイングを実施し、脳貧血に関する配布資料を作成しました。

野口先生の講義の様子
試行錯誤しながら、皆で発表内容を考えます。
心肺蘇生法の実技の様子
「意識喪失」のお題に合わせたシチュエーションを考えて、実践してみます。
配布資料や参考資料を作って、しっかり説明できるように準備します。

“SOAP”って何だろう? 養護教諭にはどのような知識・技術が必要なんだろう?と思った方は、是非、野口先生のミニ講義を体験してみて下さい。
野口先生によるミニ講義は、以下の日程のオープンキャンパスで聞くことができます。
7/27(土)「養護教諭が行う“悩み相談”って? Part1」
8/10(土)「養護教諭が行う“悩み相談”って? Part2」

ミニ講義では、思春期の子どもの発達を健康教育の視点から捉えて、お話しします。教育とは何かを一緒に考えましょう。
オープンキャンパスに参加して、是非、ミニ講義を体験してみて下さい。

 

「環境衛生実習」の授業で工場見学に行ってきました!

7月8日(月)・11日(木)の2日(受講学生30名+28名及び引率教員3名)に分かれて工場見学を実施しました。健康福祉学部健康科学科の環境衛生実習では、実際に行われている衛生管理業務について学ぶために、毎年工場見学を実施しています。

今年度は、昨年度に続き、洗剤・石鹸・食品メーカーとして有名なサラヤ株式会社様のご協力により柏原市の大阪工場を見学させていただきました。

企業概要や工場の説明、見学場所の説明を受けた後、いよいよ工場内の見学へ。各ラインの担当者の説明に耳を傾けながら、作業環境管理・作業管理・健康管理が実際にどのように行われているのかを見学しました。
見学後、安全衛生の取組みについて説明を受けた後、質疑応答に移りました。質疑応答では、学生からは様々な質問が飛び出しましたが、一つひとつ丁寧に答えて頂きました。

従業員の皆さんが仕事に誇りを持って従事されている姿に、学生は感銘を受けたようでした。今回の経験を通して、学生は新たな気づきや学びが得られたことと思います。

ご協力くださったサラヤ株式会社の皆様、誠にありがとうございました。

 

工場長からのご挨拶
企業概要の説明
安全衛生の取組みについての説明
質疑応答の様子
記念撮影(Bクラス)
記念撮影(Aクラス)