ホーム » teacher の投稿

作者アーカイブ: teacher

7/14(日)オープンキャンパスレポート

7月14日(日)のオープンキャンパスには、大勢の高校生やその保護者が来学されました。健康科学科では、大学3号館4階の養護・看護実習室で、学科の説明やミニ講義、ミニ保健室を実施し、大勢の高校生やその保護者が来学され、大変熱心に聞き入っておられました。

最初に、水鳥教授が健康科学科の学科紹介をし、進路状況をはじめ、実習やインターンシップなど、学科の特色を説明しました。

学科紹介の様子

長見教授によるミニ講義「人の話を聴ける人になろう」では、ロールプレイングを体験することにより、「聞く」「訊く」「聴く」の違いを学び、「聴く」ことの大切さを体験することができた様子でした。

ミニ講義の様子

「在学生の話」では、高校と大学の違い、大学での授業、授業の空きコマの過ごし方、看護臨床実習での経験や養護実習に向けた準備、ボランティア活動、サークル活動についての話がありました。

在学生の話の様子

「卒業生して活躍する先輩の話を聞こう」のコーナーでは、養護教諭の専門性を一層高めるために大学院に進学した本学科の卒業生から次のようなメッセージがありました。

大学は『やりたいことをみつけるところ、やりたいとことをやってみるところ』だと思っています。私の4年間はたくさんのことを発見して、いろんなことに挑戦した4年間でした。最初は「自分の得意なことは人の話を聞くことだから養護教諭になろう」と思いましたが、実習やボランティア等を通じてそれだけでは足りないことがよく分かりました。私の足りない力は「具体的に次につなげる力」です。私自身の中ではつなげられても、目の前にいる子どもの次につなげることができないと感じることが多々ありました。このことがきっかけで、大学院に進学して心理学についてもっと学ぼうと決めました。

大学院では学部で学んだことをより深く学ぶことができています。新しい側面に出会うこともたくさんあり、大学4年間の刺激よりも強い刺激を得られているような気分になります。大学で見つけてやってきたことを、より具体的に深く考える時間が多くなりました。その経験を糧に養護教諭の仕事につなげていきたいと思います。

大学生活は長いようで本当に一瞬でした。そのように感じられるのも自分の気持ちを大事に過ごしたからなのではないかと思います。学生生活の主役は自分自身です。ぜひみなさんの“想い”を叶うように応援しています!頑張ってください!!(13期生、大学院生)

卒業生の話の様子

午後からの「ミニ保健室体験」では、三角巾の結び方、血圧の測り方、体組成計、自律神経の測定などを体験することができ、健康科学科の学びについての理解が深まった様子でした。

ミニ保健室の様子
ミニ保健室の様子
ミニ保健室の様子
ミニ保健室の様子

ミニ保健室と並行して開催されたポテンシャル発見プログラムの1stプログラムでは、参加者の皆さんが、ワーク課題やプレゼンテーション練習に真剣に取り組みました。
次回7/27(土)・28(日)もポテンシャル発見プログラムの1stプログラムを実施します。あなたの強みを発見するワークに一緒に取り組みませんか。他の入試を検討されている方、もう一度参加したい方も大歓迎です。

次回のオープンキャンパスのミニ講義は、7/27(土)は野口法子准教授による「養護教諭が行う“悩み相談”って」、7/28(日)は斉藤ふくみ教授による「ザ保健室!」です。また、オープンキャンパスの際には教員採用試験対策講座も実施しています。養護教諭の正式採用を目指す在学生・卒業生が集まり、旧交を温め、お互い切磋琢磨する場としています。

たくさんの皆さんのお越しをお待ちしております。

日本赤十字社救急法救急員養成講習を開催しました

6月9日(日)、15日(土)、16日(日)の3日間、地域連携プログラムの一環として、日本赤十字社救急法救急員養成講習を学内で実施しました。

令和元年度第1回目となる柏原市地区の今回の講習では、一般市民の方と本学・健康科学科の学生を含め、44名の参加がありました。

講習では、高木信良先生(関西女子短期大学名誉教授)他5名の指導員の方々に、講義(理論)とトレーニング室での実技(技術)をご指導いただきました。

講習には、基礎講習と救急員養成講習があり、最終検定合格者には、救急法救急員認定証が授与されます。

講習の主な内容は、心肺蘇生法、AED(自動体外式除細動器)を用いた除細動、止血の仕方、包帯の使い方、骨折などの場合の固定の仕方などです。

参加者は、知力・体力ともに全力を出し切って救急員の認定を受け、今後健康を守り育てる専門家として、養護教諭として活躍出来る上での大きな自信を得たようです。

ご指導くださった高木先生より、

「受講者の熱心な取り組みによりプログラム通り進行することができ、十分な成果を得ることができました。」

と所感をいただきました。

次回は11月に同講習が開催されます。

7/14(日)オープンキャンパス開催!ポテンシャル発見プログラムも同時開催

7/14(日)にオープンキャンパスを開催します。
健康科学科コーナーに是非お越し下さい!
ポテンシャル発見プログラムも同時開催!

皆さまのお越しを教職員・学生スタッフ一同でお待ちしています。

健康科学科でのスケジュール

10:35頃 ご挨拶
10:40頃 学科紹介
11:10頃 ミニ講義:
7/14 長見まき子教授「人の話を聴ける人になろう」 
11:40頃 在学生・卒業生の話
適宜ランチ会場へ  ※保護者の皆さんもご一緒に!
13:00 在学生の話 
13:15頃 ミニ保健室体験「あなたの健康をチェックしよう」・個別相談
ポテンシャル発見プログラム(希望者のみ)
 学科の学びのこと、学生生活のこと、入試や面接対策のことなど、なんでもご相談ください。
ミニ保健室体験であなたの「健康」をチェックして見ましょう。スタンプラリーも開催中です。
6/16(終了)、7/14、7/27、7/28の4回、ミニ保健室体験と並行して、ポテンシャル発見プログラム(1st)を実施します!
あなたの強みを数値化し、強みやなりたい自分を明確にしていきましょう。
プログラム終了後、参加証を発行いたします。
受験生の方でプログラムへの参加を希望する方は、午前の全体説明会からご参加下さい。
他の入試を検討されている方でも大歓迎です。

★大学全体のイベント、大学へのアクセスなどの情報は、下のページをご覧ください。★

http://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/nyushi/opencampus/index.html

公開講座「養護教諭の実践力を培うボランティア活動の成果と課題」8/10(土)開催

関西福祉科学大学 第17回公開講座 を8月10日(土)に開催します。

テーマ:「養護教諭の実践力を培うボランティア活動の成果と課題」

会場:関西福祉科学大学柏原キャンパス 玉手山学園本館6階
受講料:無料
申込み:当日受付(事前申込不要)
対象:市民向け(柏原市内外を問いません)※託児所はございません

柏原市教育委員会との健康診断ボランティア事業が10年目となったことを記念し、本事業による学生の養護教諭としての実践力育成の成果と課題を共有します。

皆様のご参加をお待ちしております!

 

 

学生による授業紹介Vol.2「産業カウンセリング演習」

健康科学科の学生が学科の教員と授業を紹介していきます。
第2回は長見まき子先生の「産業カウンセリング演習」の授業です。


3年次開講の「産業カウンセリング演習」という講義では、主に労働者の心の健康を支援する産業領域のカウンセラーに必要な面接技術である「傾聴法」(聴く力)について学んでいます。講義で基本的な傾聴のポイントや技法を学び、ロールプレイやグループ討議で基礎練習や事例を用いた演習などを行ないます。

内容は「こんなクライエント(依頼人)をカウンセリングするときは、どうすればいいのか」や「カウンセリングする上でのポイント(部屋の位置や座る場所など)は?」など、さまざまな具体的な内容について考えたり、一緒に講義を受けている人同士でロールプレイをしてみたりします。「傾聴法」は産業領域のカウンセラーに必要な技法だけではなく、養護教諭(保健室の先生)になった際に子どもたちの声をしっかり聴くときにもポイントとなる技法です。講義を聞くだけでなく実際に行なって技術を習得できることが、この授業の特徴であると思います。

担当の長見まき子先生は、私たち学生の声に耳を傾けてくださり、とても親身になって話をしてくれる先生です。先生は臨床心理士をされているので、実際の現場についてなど詳しく話を聞くことができます。

ある日の授業の様子

今後も続きます。次回をお楽しみに!

長見先生によるミニ講義は、以下の日程のオープンキャンパスで聞くことができます。
7/14(日)「人の話を聴ける人になろう~ケアする人の話の聴き方」では、ケアする人に必須のスキルである「傾聴」の仕方をお教えします!
8/25(日)「リラクセーション~エクササイズでリラックス体験」では、ストレスを上手にマネジメントして健康に過ごす方法をお教えします!
オープンキャンパスに参加して是非講義を体験してみてください。

★大学全体のイベント、大学へのアクセスなどの情報はコチラです。
http://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/nyushi/opencampus/index.html

【告知】4年生養護教諭 採用試験受験者対象教員採用二次対策講座を開催します!

下記日程において教員採用試験対策講座を実施します。
卒業生の方も是非ご参加ください。

2019教員採用試験二次 対策講座案内PDFファイル

6/16(日)オープンキャンパスレポート

6月16日(日)にオープンキャンパスを実施しました。健康科学科では、最初の学科紹介で、この3月に卒業した学生の進路状況をはじめ、実習やインターンシップ、健康教育の話など、学科の学びの特色について説明を行いました。
斎藤教授によるミニ講義「養護教諭の職務(仕事)論」では、養護教諭の多様な仕事内容やその歴史について解説などがありました。特に、保健指導を取り上げ、実際に正しい姿勢を学ぶなど、参加型のレクチャーに皆さんたいへんご関心を抱いておられました。

学科紹介の様子
ミニ講義の様子

「活躍する先輩の話を聞こう」のコーナーでは、現役の養護教諭として活躍しておられる本学科の卒業生が、本学を選んだ理由や、健康教育に関する大学での学びが現在の仕事に役立っていることを説明していただきました。特に、大学での救急措置に関する授業やボランティアなどの経験が、養護教諭への道を決断するきっかけとなった、といった具体的なお話がありました。

卒業生の話の様子

「私は関西福祉科学大学の健康科学科で多くのことを学べて良かったと思っています。就職に悩んだ時や採用試験で困った時に先生方には多くのアドバイスをいただき、面接の練習などもしていただきました。また、多くの友人もできました。健康科学科には、同じ目標を持つ学生がたくさんいます。同じ時期に、同じことに悩むこともありました。でも、同じ目標であるからこそ、そんな時にみんなで頑張ろう、勉強しようと声をかけあうことができます。そして、目標に向かって頑張ることができたと思います。今でもその関係は続いており、困ったときは連絡を取り合い、アドバイスしあうこともあります。このような関係はこの大学だからこそ、できたのではないかと感じています。また、各都道府県には養護教諭として働いている先輩方も多くおり、教員採用試験や勤務前にはたくさんのことを聞くこともできました。

養護教諭という仕事は責任感もあり、とても大変な仕事だと思います。しかし、その分、喜びや嬉しさを感じることもたくさんあります。学生の頃に経験したことは将来に役立つと思います。ぜひ多くのことを経験してください。そして、養護教諭としてみなさんと一緒に働けることを楽しみにしています。」(11期生、和歌山県、養護教諭)

また、続けて在学生の話があり、受験に関する体験や実際の大学の授業でどのようなことが行われているかを述べてくれました。特に、環境測定のことや、看護臨床実習で経験したことなどに触れながら、大学生としての生活について語ってくれました。

在学生の話の様子

午後には、ミニ保健室体験が行われ、聴力検査や自律神経測定などが行われ、参加されたみなさんは、とても楽しそうにされていました。また、今年から始まるポテンシャル発見プログラムの1stプログラムがいよいよ実施されました。参加された方たちはみな真剣に取り組んでいました。

保健指導の様子

15時からの教採試験対策講座では、集団討論の練習を行いました。与えられたテーマについてお互いの共通理解を確認し、議論をしていくことで、自分の考えがより深まったことだと思います。

教員採用試験対策講座の様子

次回のオープンキャンパスは7月14日(日)です。ミニ講義は、長見まき子教授の「人の話を聴ける人になろう~ケアする人の話の聴き方~」です。ポテンシャル発見プログラムの1stプログラムも実施します。皆さまのご参加を教職員一同お待ちしております。

【更新】令和元年度 科学研究費助成事業『ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI』に採択されました!

健康福祉学部(健康科学科&福祉栄養学科)で取り組む「健康をみる・まもる・つくるを学ぼう」のプログラムが、令和元年度 科学研究費助成事業に採択されました。
本プログラムは中学生を対象としているもので、2020年3月22日(日)に実施予定です。

プログラム名 健康をみる・まもる・つくるを学ぼう
開催日時 2020年3月22日(日)
受講対象者 中学生
募集人数 20名
場所 関西福祉科学大学・図書館(大学本館3階)
(大阪府柏原市旭ヶ丘3-11-1)
集合時間 9:40
内容 何故人はストレスを感じるのでしょうか?同じ出来事を体験してもストレスを感じたり疲れたりする人とそうでない人がいます。それは何故でしょうか?このプログラムでは目に見えないストレスや疲れの正体を最新機器で測定することで、ストレスや疲労とどう付き合うことが正しいかについて学びます。大学での研究に触れることで、ストレスや疲れをコントロールできるスーパー中学生を目指しませんか?

その他、詳細については以下のリンクをご覧ください。

日本学術振興会サイト『ひらめき☆ときめきサイエンス』の紹介

健康科学科のプログラム「健康をみる・まもる・つくるを学ぼう」の内容・参加申込フォーム

皆さんのご参加をお待ちしております。

6/16・7/14, 27,28にオープンキャンパスを開催します!ポテンシャル発見プログラムも同時開催

6/16(日)、7/14(日)、7/27(土)、7/28(日)にオープンキャンパスを開催します。
健康科学科コーナーに是非お越し下さい!
同時開催のポテンシャル発見プログラムがいよいよ始まります。

皆さまのお越しを教職員・学生スタッフ一同でお待ちしています。

健康科学科でのスケジュール

10:35頃 ご挨拶
10:40頃 学科紹介
11:10頃 ミニ講義:
6/16 斉藤ふくみ教授「養護教諭の職務(仕事)論」

7/14 長見まき子教授「人の話を聴ける人になろう」
7/27 野口法子准教授「養護教諭が行う”悩み相談”って?」
7/28 斉藤ふくみ教授「ザ保健室!」 
11:45頃 在学生・卒業生の話
12:00頃 ランチ  ※保護者の皆さんもご一緒に
13:00 在学生の話・個別相談
皆さんの様々な疑問に在学生・卒業生がお答えします。
 
13:15頃 ミニ保健室体験「あなたの健康をチェックしよう」・個別相談
ポテンシャル発見プログラム(希望者のみ)
 学科の学びのこと、学生生活のこと、入試や面接対策のことなど、なんでもご相談ください。
ミニ保健室体験であなたの「健康」をチェックして見ましょう。スタンプラリーも開催中です。
*15:00から4年生・卒業生対象の教員採用試験対策講座も開催しています。興味のある方は是非見学してみてください。
6/16、7/14、7/27、7/28の4回、ミニ保健室体験と並行して、ポテンシャル発見プログラム(1st)を実施します!
あなたの強みを数値化し、強みやなりたい自分を明確にしていきましょう。
プログラム終了後、参加証を発行いたします。
受験生の方でプログラムへの参加を希望する方は、午前の全体説明会からご参加下さい。
他の入試を検討されている方でも大歓迎です。

★大学全体のイベント、大学へのアクセスなどの情報は、下のページをご覧ください。★

http://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/nyushi/opencampus/index.html

健康診断ボランティアに行ってきました!

養護教諭を目指す健康科学科の学生が、今年度も4月19日~5月23日までの期間で、柏原市内の3幼稚園、10小学校、5中学校における健康診断に参加いたしました。

活動には、4年生延べ73名、3年生延べ9名、計82名が参加し、中には、5回参加の学生が1名、4回参加の学生が2名など、複数回の参加をしてくれた学生も多く、授業の合間を縫って、大変熱心に取り組んでくれました。学科教員としても、学生の皆さんの頑張りを大変嬉しく思うとともに、柏原市教育委員会、各学校園の養護教諭の先生方からお褒めと感謝のお言葉をいただいています。

学生の皆さんの記録からも、「養護教諭と校医さんとの事前打ち合わせの重要さが分かった」、「四肢の検査を児童に指導することができた」、「担任の先生と養護教諭の先生の連携の大切さが分かった」、「会場設営を拝見して必要物品や配置の工夫が分かった」など、経験から貴重な学びを得たことがうかがえます。

健康科学科では、今後も大学での学びを実践に活かす取組みを実施し、現場の養護教諭の先生方の役割の実際を学び、学校臨床の実際についての理解を深める取組みを進めていきます。


学科の雰囲気や学びをオープンキャンパスで体験してみませんか?

いよいよポテンシャル発見プログラムが始まります!プログラムを通じて、あなたの強みを数値化し、強みやなりたい自分を一緒に明確にしていきましょう。他の入試を検討されている方も大歓迎です。