8/25(日)オープンキャンパス開催!

8/25(日)にオープンキャンパスを開催します。
健康科学科コーナーに是非お越し下さい!
ポテンシャル発見プログラム2ndプログラムも同時開催!

皆さまのお越しを教職員・学生スタッフ一同でお待ちしています。

健康科学科でのスケジュール

10:40頃 ご挨拶
10:45頃 学科紹介
11:15頃 ミニ講義:
8/25 長見まき子教授
「リラクセーション~エクササイズでリラックス体験」
※講義終了後に受講証を配布します
11:50頃 卒業生の話「先輩の話を聞こう」・在学生の話「学生生活あれこれ」
12:15頃 ランチ  ※保護者の皆さんもご一緒に!
13:00 在学生の話「学生生活あれこれ」 
13:20 ミニ保健室・個別相談
同時開催:ポテンシャル発見プログラム2ndプログラム(1stプログラム修了者のみ参加可能)
 学科の学びのこと、学生生活のこと、入試や面接対策のことなど、なんでもご相談ください。
※ポテンシャル発見プログラム2ndについて
1stプログラムではあなたの強みを数値化し、強みやなりたい自分を明確にしました。
2ndプログラムでは、「自分の強みをどう伸ばすか」という視点で、プレゼンテーションの練習をしてみましょう。
1stプログラムを受講された方なら、他の入試を検討している方も大歓迎!
参加を希望する方は、午前の全体説明会からご参加ください。

★大学全体のイベント、大学へのアクセスなどの情報は、下のページをご覧ください。★

http://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/nyushi/opencampus/index.html

8/10(土),8/25(日)オープンキャンパス開催!

10:40頃 ご挨拶
10:45頃 学科紹介
11:10頃 ミニ講義:
8/10 野口法子准教授
「養護教諭が行う“悩み相談”って?」
8/25 長見まき子教授
「リラクセーション~エクササイズでリラックス体験」
※講義終了後に受講証を配布します
11:45頃 在学生・卒業生の話
12:15頃 ランチ  ※保護者の皆さんもご一緒に!
13:00 在学生の話 
13:20 8/10 公開講座会場へご案内
8/25 ミニ保健室・個別相談
同時開催:ポテンシャル発見プログラム(希望者のみ)
※8/10はミニ保健室を実施しておりません。公開講座にご参加ください。
 学科の学びのこと、学生生活のこと、入試や面接対策のことなど、なんでもご相談ください。
8/10土、8/25日の2回、ポテンシャル発見プログラム2ndを実施します。
1stプログラムではあなたの強みを数値化し、強みやなりたい自分を明確に
しました。2ndプログラムでは、「自分の強みをどう伸ばすか」という視点で、プレゼンテーションの練習をしてみましょう。
1stプログラムを受講された方なら、他の入試を検討している方も大歓迎!
参加を希望する方は、午前の全体説明会からご参加ください。

★大学全体のイベント、大学へのアクセスなどの情報は、下のページをご覧ください。★

http://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/nyushi/opencampus/index.html

7/27(土)、28(日)オープンキャンパスレポート

7月27日(土)と7月28日(日)の両日にオープンキャンパスを開催しました。

両日とも、最初に、健康科学科の学科紹介を行い、進路状況をはじめ、実習やインターンシップなど、学科の特色を説明しました。ミニ講義では、野口准教授による「養護教諭が行う悩み相談って?」では、子どもの発達段階に応じた健康教育の大切さについての講義があり(7/27)、斉藤ふくみ教授による「ザ保健室!」では、保健室での相談の事例を通して、実際の保健室での相談への対応などを考えることができました(7/28)。

学科紹介の様子(7/27)
ミニ講義の様子(7/27)
学科紹介の様子(7/28)
ミニ講義の様子(7/28)

「先輩の話を聞こう」コーナーでは、実際に養護教諭として活躍している卒業生が、現在の勤務状況、なぜ本学を志望したのか、どのような大学生活を送ったのか、在学中の勉強方法、本学での学びが現在の仕事に役立っていることなどについて話をしてくれました。

卒業生の話(7/27)
卒業生の話(7/28)

卒業生からは、以下のようなメッセージをもらいました。

「大学生活は、ひたすら楽しんだ4年間でした。授業はもちろん、サークルやボランティア、アルバイトと充実した4年間を過ごしました。あの時間があったから、今しっかり働くことができています。働いてみて一番大切なことは、子どもたちへの愛です。どんなにしんどいことがあっても、子どもたちの笑顔を見れば、また頑張ろうと思えます。何に対しても積極的にチャレンジすることを忘れずに、子どもたちに寄り添う養護教諭になれる大学です。高校生の皆さん、今できることを一生懸命やらせてもらえる環境を作って下さっている保護者の方への感謝を忘れずに頑張って下さい。」(大阪市の養護教諭、11期生)

「私は養護教諭として3年間勤務しています。本当に毎日充実した日々を送っています。それは、関西福祉科学大学で学んだことの下積みがあるからこそだと今は実感しています。この大学は養護教諭の専門性はもちろんのこと、看護の知識や保健教育、ストレスマネジメントについて幅広く詳しく学ぶことができます。またどの授業も実践的なので、学校現場に立って、大学で学んだことが役立たなかった…ということがありません。また大学の先生のサポート体制は、今までどの養護教諭の友達に聞いた中でも、この大学がトップクラスだと思っています。大学は自ら学び、自分のなりたい将来に近づいていく場所ですが、先生方がその学びを全力で後押ししてくれます。
養護教諭は決して簡単になれるものではありません。また学校で子どもたちの命と健康と安全を守り、手助けする大切な存在です。責任感を強く持たなければなりません。ただ責任感の大きい仕事だからこそ、やりがいと養護教諭ならではの楽しさがあります。将来、皆さんと一緒に仕事ができることを楽しみにしています!」(兵庫県の養護教諭、11期生)

午後からは「在学生の話」が行われ、本学を選んだ理由、勉強方法、具体的な授業科目、授業の空きコマの過ごし方、看護臨床実習での経験や養護実習に向けた準備、寮生活、アルバイトやボランティア活動などについて話がありました。また、「ミニ保健室体験」では、三角巾の結び方、血圧の測り方、体組成計、自律神経の測定などを体験することができ、健康科学科の学びについての理解が深まった様子でした。複数回参加された方は、前回の結果と照らし合わせてみるなど、生活習慣の見直しにつながったようです。

在学生の話(7/27)
在学生の話(7/28)
ミニ保健室の様子(血圧測定)
ミニ保健室の様子(自律神経の測定)

ミニ保健室と並行して開催されたポテンシャル発見プログラムの1stプログラムでは、参加者の皆さんが、ワーク課題やプレゼンテーション練習に真剣に取り組みました。2度目の参加の方もおられ、じっくりワークに取り組めたようです。8/10(土)・8/25(日)は、ポテンシャル発見プログラムの2ndプログラムを実施します。2ndプログラムでは、1stプログラムで明確にした強みやなりたい自分を、「自分の強みをどう伸ばすか」と言う視点で、プレゼンテーションの練習をしてみます。1stプログラムに参加された方なら、他の入試を検討している方も大歓迎です!参加を希望する方は、午前の全体プログラムからご参加下さい。

★ポテンシャル発見入試について詳しく知りたい方はコチラ。
https://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/nyushi/nyugaku/potential.html

また、教員採用試験対策講座では、二次試験対策として、個人面接、模擬授業、場面指導などの対策を行いました。実技試験への対策として、卒業生の現役養護教諭に試験官役をお願いし、「熱中症にかかった児童への対応」を実施しました。参加した学生は、養護教諭としての専門性を発揮し、児童生徒へ対応を実際にやってみるのはかなり難しいということ、実践訓練の大切さを実感したことだと思います。

教員採用試験対策講座(実技試験の練習)

今後のオープンキャンパスのミニ講義は、8/10(土)は野口法子准教授による「養護教諭が行う“悩み相談”って?」、8/25(日)は長見まき子教授による「リラクセーション~エクササイズでリラックス体験」です。また、8/10(土)は13:30より、健康科学科主催の大学公開講座「養護教諭の実践力を培うボランティア活動の成果と課題」を開催します。養護教諭の職務に関心のある方は是非ご参加下さい。

「キャリア開発」の授業でサラヤ株式会社様による出前講座を行いました

7月2日の「キャリア開発」(3年次開講科目)の授業で、サラヤ株式会社総務人事本部 人事部人材開発課 石井一成氏による出前講座を行いました。

この講座は、大阪府と一般社団法人関西経済同友会の連携のもと、大阪府が企業と大学等の橋渡しを行い、企業経営者等が大学に赴く出前講座で、本学では昨年に続き2度目の開催となりました。

今回の講座のテーマは、「人生100年時代における転職の考え方〜主体的キャリア構築の実践〜」でした。人生100年時代にどうやってご飯を食べていくか(興味をもって働き続けるか)、will・can・mustを明確にする、「就職はチューニング」である、自分を知って相手に何を提供できるかが大事(Give before you Take)等々、石井氏ご自身の体験談を交えたお話は、これから就職活動に臨む学生の心に深く響いたようでした。質疑応答の際にも、たくさんの質問があり、石井氏は一つひとつの質問に丁寧に答えてくださいました。

“これから就職活動を始めようとする学生に、いきなり転職の話?”という疑問に思われるかもしれません。しかし、学生にはこれまでの授業の中で、目先のことにとらわれず長い人生を考慮したうえで仕事選びや働き方を考えたほうがよい、ということを繰り返し伝えてきました。今回の講座でその意味が理解できたのではないかと考えています。

講師の石井氏に深く御礼申し上げます。

「キャリア開発」担当 治部

7/27(土),28(日)オープンキャンパス開催!ポテンシャル発見プログラムも同時開催

7/27(土),28(日)の2日間にわたってオープンキャンパスを開催します。
健康科学科コーナーに是非お越し下さい!
ポテンシャル発見プログラムも同時開催!

皆さまのお越しを教職員・学生スタッフ一同でお待ちしています。

健康科学科でのスケジュール

10:35頃 ご挨拶
10:40頃 学科紹介
11:10頃 ミニ講義:
7/27 野口法子准教授「養護教諭が行う“悩み相談”って?」

7/28 斉藤ふくみ教授「ザ保健室!」
11:40頃 在学生・卒業生の話
適宜ランチ会場へ  ※保護者の皆さんもご一緒に!
13:00 在学生の話 
13:15頃 ミニ保健室体験「あなたの健康をチェックしよう」・個別相談
ポテンシャル発見プログラム(希望者のみ)
 学科の学びのこと、学生生活のこと、入試や面接対策のことなど、なんでもご相談ください。
ミニ保健室体験であなたの「健康」をチェックして見ましょう。スタンプラリーも開催中です。
6/16(終了)、7/14(終了)、7/27、7/28の4回、ミニ保健室体験と並行して、ポテンシャル発見プログラム(1st)を実施します!
あなたの強みを数値化し、強みやなりたい自分を明確にしていきましょう。
プログラム終了後、参加証を発行いたします。
受験生の方でプログラムへの参加を希望する方は、午前の全体説明会からご参加下さい。
他の入試を検討されている方でも大歓迎です。

★大学全体のイベント、大学へのアクセスなどの情報は、下のページをご覧ください。★

http://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/nyushi/opencampus/index.html

学生による授業紹介Vol.3「救急処置II」

学生による授業紹介の第3回目は、野口法子先生の「救急処置Ⅱ」の授業です。今回は、健康科学科の3年生が紹介します。

「救急処置Ⅱ」の授業では、主に学校の教育現場において、日常的な健康問題や事故等、緊急性の高い場面での適切な判断と救急処置(アセスメントや対応等)について学んでいます。

授業では、どのようなケガや疾患が多いのか、それに対して、どのように救急処置を実施するのかについて学びます。また、実際にあった事例を通して、主観的データと客観的データを収集し、どのようなことが考えられるか、それに対し、どのよう救急処置を行うのかをSOAPを使って考えたり、ロールプレイングを行ったりします。例えば、頭のかゆみを訴えている児童に対して「いつから?」「他にかゆいところはない?」などの情報を収集しながら「この場合どのように対応するか」を考えて、実施に向けて計画を立てます。実施後には先生から評価をしていただき、養護実習に向けて改善を図ります。

担当の野口法子先生は、学生に対し「なぜそのように考えたのか」という根拠を大事にされており、学生が考えていることに対して傾聴し、それに対して褒め、助言して下さる素敵な先生です。実際に養護教諭をされていたので、授業では体験談などを聞くことができます。

ある日の授業では、心臓機能停止(CPA)時に一般市民や看護師が行う一次救命処置(BLS)である心肺蘇生法(CPR)の実技を行いました。また、お題に沿ったロールプレイングを考え、発表する時もありました。グループによってお題は違いますが、メンバーと試行錯誤をしながら、発表内容や配布資料を作成します。私のグループのお題は「意識喪失」だったので、溺水での心肺停止(CPA)や頭部打撲による意識レベルの低下についてのロールプレイングを実施し、脳貧血に関する配布資料を作成しました。

野口先生の講義の様子
試行錯誤しながら、皆で発表内容を考えます。
心肺蘇生法の実技の様子
「意識喪失」のお題に合わせたシチュエーションを考えて、実践してみます。
配布資料や参考資料を作って、しっかり説明できるように準備します。

“SOAP”って何だろう? 養護教諭にはどのような知識・技術が必要なんだろう?と思った方は、是非、野口先生のミニ講義を体験してみて下さい。
野口先生によるミニ講義は、以下の日程のオープンキャンパスで聞くことができます。
7/27(土)「養護教諭が行う“悩み相談”って? Part1」
8/10(土)「養護教諭が行う“悩み相談”って? Part2」

ミニ講義では、思春期の子どもの発達を健康教育の視点から捉えて、お話しします。教育とは何かを一緒に考えましょう。
オープンキャンパスに参加して、是非、ミニ講義を体験してみて下さい。

 

「環境衛生実習」の授業で工場見学に行ってきました!

7月8日(月)・11日(木)の2日(受講学生30名+28名及び引率教員3名)に分かれて工場見学を実施しました。健康福祉学部健康科学科の環境衛生実習では、実際に行われている衛生管理業務について学ぶために、毎年工場見学を実施しています。

今年度は、昨年度に続き、洗剤・石鹸・食品メーカーとして有名なサラヤ株式会社様のご協力により柏原市の大阪工場を見学させていただきました。

企業概要や工場の説明、見学場所の説明を受けた後、いよいよ工場内の見学へ。各ラインの担当者の説明に耳を傾けながら、作業環境管理・作業管理・健康管理が実際にどのように行われているのかを見学しました。
見学後、安全衛生の取組みについて説明を受けた後、質疑応答に移りました。質疑応答では、学生からは様々な質問が飛び出しましたが、一つひとつ丁寧に答えて頂きました。

従業員の皆さんが仕事に誇りを持って従事されている姿に、学生は感銘を受けたようでした。今回の経験を通して、学生は新たな気づきや学びが得られたことと思います。

ご協力くださったサラヤ株式会社の皆様、誠にありがとうございました。

 

工場長からのご挨拶
企業概要の説明
安全衛生の取組みについての説明
質疑応答の様子
記念撮影(Bクラス)
記念撮影(Aクラス)

7/14(日)オープンキャンパスレポート

7月14日(日)のオープンキャンパスには、大勢の高校生やその保護者が来学されました。健康科学科では、大学3号館4階の養護・看護実習室で、学科の説明やミニ講義、ミニ保健室を実施し、大勢の高校生やその保護者が来学され、大変熱心に聞き入っておられました。

最初に、水鳥教授が健康科学科の学科紹介をし、進路状況をはじめ、実習やインターンシップなど、学科の特色を説明しました。

学科紹介の様子

長見教授によるミニ講義「人の話を聴ける人になろう」では、ロールプレイングを体験することにより、「聞く」「訊く」「聴く」の違いを学び、「聴く」ことの大切さを体験することができた様子でした。

ミニ講義の様子

「在学生の話」では、高校と大学の違い、大学での授業、授業の空きコマの過ごし方、看護臨床実習での経験や養護実習に向けた準備、ボランティア活動、サークル活動についての話がありました。

在学生の話の様子

「卒業生して活躍する先輩の話を聞こう」のコーナーでは、養護教諭の専門性を一層高めるために大学院に進学した本学科の卒業生から次のようなメッセージがありました。

大学は『やりたいことをみつけるところ、やりたいとことをやってみるところ』だと思っています。私の4年間はたくさんのことを発見して、いろんなことに挑戦した4年間でした。最初は「自分の得意なことは人の話を聞くことだから養護教諭になろう」と思いましたが、実習やボランティア等を通じてそれだけでは足りないことがよく分かりました。私の足りない力は「具体的に次につなげる力」です。私自身の中ではつなげられても、目の前にいる子どもの次につなげることができないと感じることが多々ありました。このことがきっかけで、大学院に進学して心理学についてもっと学ぼうと決めました。

大学院では学部で学んだことをより深く学ぶことができています。新しい側面に出会うこともたくさんあり、大学4年間の刺激よりも強い刺激を得られているような気分になります。大学で見つけてやってきたことを、より具体的に深く考える時間が多くなりました。その経験を糧に養護教諭の仕事につなげていきたいと思います。

大学生活は長いようで本当に一瞬でした。そのように感じられるのも自分の気持ちを大事に過ごしたからなのではないかと思います。学生生活の主役は自分自身です。ぜひみなさんの“想い”を叶うように応援しています!頑張ってください!!(13期生、大学院生)

卒業生の話の様子

午後からの「ミニ保健室体験」では、三角巾の結び方、血圧の測り方、体組成計、自律神経の測定などを体験することができ、健康科学科の学びについての理解が深まった様子でした。

ミニ保健室の様子
ミニ保健室の様子
ミニ保健室の様子
ミニ保健室の様子

ミニ保健室と並行して開催されたポテンシャル発見プログラムの1stプログラムでは、参加者の皆さんが、ワーク課題やプレゼンテーション練習に真剣に取り組みました。
次回7/27(土)・28(日)もポテンシャル発見プログラムの1stプログラムを実施します。あなたの強みを発見するワークに一緒に取り組みませんか。他の入試を検討されている方、もう一度参加したい方も大歓迎です。

次回のオープンキャンパスのミニ講義は、7/27(土)は野口法子准教授による「養護教諭が行う“悩み相談”って」、7/28(日)は斉藤ふくみ教授による「ザ保健室!」です。また、オープンキャンパスの際には教員採用試験対策講座も実施しています。養護教諭の正式採用を目指す在学生・卒業生が集まり、旧交を温め、お互い切磋琢磨する場としています。

たくさんの皆さんのお越しをお待ちしております。

日本赤十字社救急法救急員養成講習を開催しました

6月9日(日)、15日(土)、16日(日)の3日間、地域連携プログラムの一環として、日本赤十字社救急法救急員養成講習を学内で実施しました。

令和元年度第1回目となる柏原市地区の今回の講習では、一般市民の方と本学・健康科学科の学生を含め、44名の参加がありました。

講習では、高木信良先生(関西女子短期大学名誉教授)他5名の指導員の方々に、講義(理論)とトレーニング室での実技(技術)をご指導いただきました。

講習には、基礎講習と救急員養成講習があり、最終検定合格者には、救急法救急員認定証が授与されます。

講習の主な内容は、心肺蘇生法、AED(自動体外式除細動器)を用いた除細動、止血の仕方、包帯の使い方、骨折などの場合の固定の仕方などです。

参加者は、知力・体力ともに全力を出し切って救急員の認定を受け、今後健康を守り育てる専門家として、養護教諭として活躍出来る上での大きな自信を得たようです。

ご指導くださった高木先生より、

「受講者の熱心な取り組みによりプログラム通り進行することができ、十分な成果を得ることができました。」

と所感をいただきました。

次回は11月に同講習が開催されます。

7/14(日)オープンキャンパス開催!ポテンシャル発見プログラムも同時開催

7/14(日)にオープンキャンパスを開催します。
健康科学科コーナーに是非お越し下さい!
ポテンシャル発見プログラムも同時開催!

皆さまのお越しを教職員・学生スタッフ一同でお待ちしています。

健康科学科でのスケジュール

10:35頃 ご挨拶
10:40頃 学科紹介
11:10頃 ミニ講義:
7/14 長見まき子教授「人の話を聴ける人になろう」 
11:40頃 在学生・卒業生の話
適宜ランチ会場へ  ※保護者の皆さんもご一緒に!
13:00 在学生の話 
13:15頃 ミニ保健室体験「あなたの健康をチェックしよう」・個別相談
ポテンシャル発見プログラム(希望者のみ)
 学科の学びのこと、学生生活のこと、入試や面接対策のことなど、なんでもご相談ください。
ミニ保健室体験であなたの「健康」をチェックして見ましょう。スタンプラリーも開催中です。
6/16(終了)、7/14、7/27、7/28の4回、ミニ保健室体験と並行して、ポテンシャル発見プログラム(1st)を実施します!
あなたの強みを数値化し、強みやなりたい自分を明確にしていきましょう。
プログラム終了後、参加証を発行いたします。
受験生の方でプログラムへの参加を希望する方は、午前の全体説明会からご参加下さい。
他の入試を検討されている方でも大歓迎です。

★大学全体のイベント、大学へのアクセスなどの情報は、下のページをご覧ください。★

http://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/nyushi/opencampus/index.html