8/23,9/6オープンキャンパスレポート

8/23(日)・9/6(日)オープンキャンパスを開催しました。

今年度は、コロナ禍において、webでのオープンキャンパスが続いておりましたが、8/23(日)、9/6(日)に、完全予約制にて、感染症対策を取りながら、対面でのオープンキャンパスを実施することができました。

健康科学科では、開始前に「手洗いの効果を見る実験」を行い、普段の手洗いだと、どのくらいの汚れが残っているのかを確認してもらいました。その後、学科紹介、在学生の話、ポテンシャル発見プログラム2nd、ワーク「他者を支援する方法」(9/6のみ)、香り玉体験、個別相談、保健室見学を適宜体験してもらいました。

 

学科紹介の様子

ワークでは、教育心理学の「他者を支援する方法」を体験してもらいました。「思いやり」、「思いやりのある行動」とは具体的にどんな行動なのか、考えてみました。参加した方には、学問というのが日常生活に役立つものだということを体験してもらえたと思います。

学科コーナーへの入口

「在学生の話」は、大学3回生の2人にリモートで出演してもらいました。2人とも、養護実習のため、実家に戻って、実習の準備や採用試験の勉強などをしています。看護臨床実習やインターンシップでの経験、そこでの学びをこれからどう活かしたいかなどについて、話をしてくれました。

在学生の話

ポテンシャル発見プログラムでは、8/23に1stプログラムを、9/6には2ndプログラムを体験してもらいました。このプログラムは、なりたい自分を目指して、「あなたの可能性=ポテンシャル」に注目して育成し、その後の入試で評価する本学独自のものです。プログラムを受けた後は、「あなたの強み」、「大学でやりたいこと」、「あなたの将来像」がより明確になっているはずです。

ポテンシャル発見プログラムの様子

 

●在学生の話~インターンシップについて(3回生) はコチラ

●在学生の話~看護臨床実習(病院実習)について(3回生) はコチラ

●ポテンシャル発見プログラムはコチラ

●合格者からの後輩へのメッセージはコチラ

採用試験(養護教諭)の対策講座の実施

健康科学科では、例年、教員採用試験対策講座に力を入れています。
今年度は、新型コロナウィルス感染症の影響もあり、夏の対策講座は全てオンラインでの指導となりました。お盆休みも含め、9月上旬まで毎日、講座を開催し、参加者の希望に合わせて、模擬面接、実技指導、模擬授業など様々な対策をしました。

リモートでの対策講座の様子
リモートでの対策講座の様子

今年度は、新型コロナウィルス感染症の影響により、各都道府県の試験実施体制も変更がみられます。

「新しい生活様式」と言われるように、感染症対策に気を付けながら日常生活を送ることとなります。
例年行なっていることを、新たな方法で実施するやり方を模索したり、別の方法を考案したり、既にある方法をブラッシュアップしてより良いやり方を模索していくなど、柔軟に対応していく必要があるでしょう。

採用試験の受験を目指す方は、体調管理にはくれぐれも細心の注意を払うとともに、最新情報を常に確認し、お互いに情報共有し合うようにしましょう。
採用試験は、在学生・卒業生の皆さん自身の頑張りが大切なのはもちろんですが、健康科学科教職員一同、できる限り応援していきます。対策講座に積極的に参加して下さい。
一部の対策講座では、ゲストとして、養護教諭をしている卒業生をお呼びし、面接試験での体験やノウハウ、これから採用試験を目指す方へのメッセージを頂きました。

卒業生からのメッセージを見る

令和2年度「ひらめき☆ときめき サイエンス」のご案内

令和2年度の「ひらめき☆ときめき サイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI」で健康科学科教員が申請した「生活の中での「みる」を考えて安全と健康に役立てよう」が採択されました。

「ひらめき☆ときめき サイエンス」は独立行政法人日本学術振興会が科学研究費助成事業による研究成果の社会還元・普及事業の一環として関西福祉科学大学にて実施するものです。

参加申込みをされる場合は独立行政法人日本学術振興会ホームページひらめき☆ときめきサイエンス実施プログラム一覧(外部サイト)からお申し込み下さい。

プログラムのテーマ 分野 実施代表者 実施日 申込み
生活の中での「みる」を考えて安全と健康に役立てよう 社会・生物 健康福祉学部・教授・木村貴彦 令和3年3月28日(日) 受付中

【授業紹介】インターンシップについて

<健康科学科3回生> ※2020年8月23日のオープンキャンパス時にリモート出演して紹介してくれました。

養護教諭になるのにインターンシップに行く必要はあるのか?と疑問を抱く人もいるかもしれません。インターンシップは、学校以外の企業のことや、社会人がどのように働いているのかを知る良い機会となりました。

私は、2回生の9月に1週間のインターンシップに行きました。実習では、毎日1時間かけて通勤し、職員の方と同じスケジュールで過ごすことで、社会人のスケジュールなどが具体的にイメージできるようになりました。他大学の学生と交流する機会もあり、他者と自分を比較することで、自分についてより深く理解をすることができました。自己理解やなりたい自分が明確になることはもちろん、一般企業に進むか迷ったときや、養護教諭になって、生徒の進路相談に対応する際などに役立ちますので、是非インターンシップは経験しておいてほしいと思います。
この夏休みは、養護実習に向けての準備と、来年度の採用試験に向けての勉強を進めています。高校生の皆さんも色々大変なことがあると思いますが、是非頑張って下さい。

 

【授業紹介】看護臨床実習(病院実習)について

<健康科学科3回生> ※2020年8月23日のオープンキャンパス時にリモート出演して紹介してくれました。

養護教諭になるためには、小学校などに行く養護実習3週間の前に、病院に2週間の実習に行く必要があります。私は、5人のメンバーで、2回生の3月に、病院に実習に行きました。病院実習では、患者さんとの対話とベッドメイキングを担当したほか、外来や小児科などを毎日見学させてもらいました。病院での感染症対策のあり方や患者さんとの対応の仕方など、養護教諭を目指すにあたって、大変勉強になりました。

病院に入院している患者さんは、心身にダメージを負っていることが多く、ネガティブな発言をしがちとなりますが、相手を否定することなく、共感して話を聞くことが必要だと思います。学校現場でも、保健室に来る子どもたちは色々な悩みを抱えていることが多く、やはり共感して話を聞く必要があります。このように、病院での実習は、養護教諭となるのにとても有意義な実習だと思います。

この夏休みは、養護実習に向けて準備をしています。実習先の小学校では、4月に健康診断ができなかったので、9月に健康診断をすることになっています。感染症対策をしながらの健康診断のあり方など、多くのことを積極的に学びたいです。